« 7年前と同じだった | トップページ | ボスの嫌味の一言 »

2020年3月 6日 (金)

リーガル・カウンセリングの技法で

ボスが管理している賃貸マンション。

賃料滞納者

仲介した宅建業者へ対処を要請。

宅建業者の本音が飛び出した。

「仲介しただけで、賃料等トラブルは関係ない。」

仲介業者の言葉は「正論」だけど。

「その言葉」を言わないのが仲介業者の暗黙のルール。

ボスは賃料滞納者と話し合った。

あれこれ言い訳をする滞納者。

「でもね」と、

リーガル・カウンセリングの技法で対処したボス。

滞納者さん、

ご迷惑をお掛けしてすみません。

と、

滞納賃料を支払った。

123_20200306070401

 

 

応援のクリックをしてね!
↓        
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村



 







法律・法学 ブログランキングへ

 

 

 

 

 

« 7年前と同じだった | トップページ | ボスの嫌味の一言 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 7年前と同じだった | トップページ | ボスの嫌味の一言 »