« ボスの雄叫び | トップページ | 諦めず可能性を求め »

2018年3月14日 (水)

振り出しに戻った

昨日

郵便が返送されてきた。

赤いスタンプには、

あて所に尋ねあたりません。

と、記されていた。

住所は登記簿に記載された住所で十数年前のもの。

ボスは二つの可能性が考えてみた。

1. 宛先の住所に受取人が居住していない。

2. 住所間違い

2の可能性として、

〇〇市〇〇町〇丁△△△番地

ひょっとして、住居表示前の住所地番かも?

住居表示ならば、〇丁△番△号

つまり、「地」抜き表示となる。

ボスは、〇〇市へ問い合わせした。

市の回答

住居表示はしていません。

と、言うことは、

「〇〇番地」で間違いない。

とすれば、

「あて所に尋ねあたりません」は、

1の通り、

宛先に受取人は居住していない。

これで振り出しに戻ってしまった。

ボクの一言

ボスどうする?

ボスの一言

な~~んとかなるさ~

Kurumaroku

 

 

応援のクリックをしてね!
↓        
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村






法律・法学 ブログランキングへ

« ボスの雄叫び | トップページ | 諦めず可能性を求め »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206169/66494882

この記事へのトラックバック一覧です: 振り出しに戻った:

« ボスの雄叫び | トップページ | 諦めず可能性を求め »

無料ブログはココログ

コスモ興産・秋久行政書士事務所 0859-32-5723

  • 2009100309030000
    不動産のコスモ興産 秋久行政書士事務所

最近のトラックバック