« 新規分野への進出 | トップページ | 利用権設定 »

2015年1月22日 (木)

異議申立

昨日、

お母ちゃんが被害者の交通事故について

損保会社の担当者さんが自宅へ来られた。

損保会社の治療打ち切り後は、

第三者行為の手続きをして通院していた。

後遺障害等級認定では、

不可の通知を受けていました。

担当者さん

話し合いの前に、後遺障害等級認定の異議申し立て

をされますか?

ボスは、お母ちゃんへ「異議申立」を薦めた。

「異議申立」

この言葉だけとれば、「争う」との響きを感じますね。

異議申立は、もう一度、「検証してください」との

お願い書です。

「争う」ことではありません。

何処へのお願い書かと言えば、

損害保険料率算出機構です。

人身交通事故の損害保険は二階建てとなっています。

自賠責が一階部分で、最高額120万円と後遺障害等級

認定ですね。

異議申立を損保料率機構へ提出して、再度、認定等級の検証を

お願いする。

損保会社の担当者さんは、お母ちゃんへ「異議申立書」の用紙を

提出した。

後遺障害等級認定の「等級が確定するか、等級認定しない」

の結論が出てから示談交渉となります。

Img_20150120_205712


応援のクリックをしてね!
↓        
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村




法律・法学 ブログランキングへ


« 新規分野への進出 | トップページ | 利用権設定 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 異議申立:

« 新規分野への進出 | トップページ | 利用権設定 »