« 事務所にいると | トップページ | 朝の掃除から »

2014年2月 6日 (木)

経営農用地明細書

受任した案件。

土地の売買案件でした。

ところで、私は、

宅建業で受任したか?

行政書士として受任したか?

土地の売買ですから宅建業と思われたでしょう。

私は、行政書士として受任しました。

「土地」は「農地」で農地法3条による売買です。

そうですね!

農家が耕作する目的で農地を買う。

おや?

と思われますか?

宅建業は「宅地」と「建物」が業務です。

ですから、

農地でも農地として売買する場面では、

宅建業の枠外ですね。

また、

農家であっても農地を買えない。

なぜならば、

農地を買う場合、一定面積以上の耕作をしていなければ

農家であっても農地を取得する資格がありません。

昨日、

法務局で登記簿と公図を取り、

役場で「経営農用地明細書」を取りました。

経営農用地明細書を見れば、

農地取得資格農家か否か一目瞭然です。

従って、

報酬額は、経営農地明細書の取得、

農地法3条申請・売買契約書作成となりますね。

宅建業の枠外ですから仲介手数料の規制はありません。

だからと言って、

法外な手数料を請求してはダメですよ。

 

140203_201309

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
法律・法学 ブログランキングへ

« 事務所にいると | トップページ | 朝の掃除から »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経営農用地明細書:

« 事務所にいると | トップページ | 朝の掃除から »