« 美味いっす! | トップページ | 三十数年ぶり »

2013年5月27日 (月)

宅地建物取引主任士

宅地建物取引主任士」

民主党から議員立法として「取引主任者」から

「取引主任士」への名称変更が検討されている。

「者」から「士」へ。

これが凄い検討だ!と思って、

内容を調べてみた。

そして、

ガックリ!

単純に「者」から「士」への名称変更。

中身は従来通り。

これでは、

民主党から宅建業者へ応援してや~の票集め検討でしかない。

アメリカでは、

不動産業者は医師・弁護士とほぼ同等の権威を持っている。

しかし、

日本では評価は高くない。

「宅地建物取引主任士」とするならば、

宅地建物取引主任士を独立機関とする。

そのためには、

現行の都道府県知事の試験・登録でなく、

国家試験と国交省大臣登録とすべきである。

独立機関とし、

重要事項説明書と契約書作成は宅地建物取引主任士。

土地境界は土地家屋調査士。

所有権移転登記は司法書士。

「宅地建物取引主任士」とするならば、

宅建業法を根底から改革する案でなければならない。

130526_174003481


 

 

 

 


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック

« 美味いっす! | トップページ | 三十数年ぶり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宅地建物取引主任士:

« 美味いっす! | トップページ | 三十数年ぶり »