2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

人気ブログランキング

  • にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ" href="http://samurai.blogmura.com/gyouseishoshi/">にほんブログ村 士業ブログ 行政書士
  • 人気ブログランキングへ" href="http://blog.with2.net/link.php?692340">人気ブログランキング

日本ブログ村

« 応援団長 | トップページ | 列島改造論の頃 »

2012年9月 2日 (日)

夜が明けていた

昨日

ボスは病院へ。

先生に語った。

深夜、

右側の肩に激痛が走り、

アッ!という間に顔の右側にも激痛。

頭の上から右半身にかけ突き刺す激痛。

耐え切れなくなったボスは起き上がると階下へ。

薬箱には病院から貰った「とんぷく」が

残っていた。

ボスは残っていた2錠のとんぷくを飲む。

お母ちゃんが内科から貰った痛み止め薬があった。

これも飲んだボス。

右腕をもぎ取ったら楽になるだろな。

病院から貰っていた残った湿布薬を右肩に貼った。

次の瞬間

熱い激痛に湿布薬をはぎ取ったボス。

突き刺す痛さに耐えきれず、

ボスはお母ちゃんへ、救急車を呼んでー

いや!

呼ばなくていい。

ボスは両腕をだらりと下げてうずくまった。

気がついたら夜が明けていた。

右肩は鈍い痛みになっていた。

飲んだ2錠の薬は痛み止めでなく睡眠薬だった。

この一週間、ハードだったから、

溜まった疲れが弱い部分に噴き出したのかも。

これが、

交通事故の後遺障害なのでしょうね。

120814_194754


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック

« 応援団長 | トップページ | 列島改造論の頃 »

コメント

それは大変でした。
くれぐれもお大事になさって下さい。

後遺症は突然出たりするですね 

早く良くなるよう祈ってます。

コスモ先生大丈夫ですか?
痛み止めで痛みは和らいでも、それは根本的な治療にはなりません。
ご無理をなさらずにくれぐれもお大事に。

けんきぼーさん
有難うございます

ゴリラ店 かのちゃん
おおきにね~

望夢
睡眠薬も処方して頂きました。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜が明けていた:

« 応援団長 | トップページ | 列島改造論の頃 »