« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

行政書士から不動産業へ

相続案件を受任してから4ケ月。

収集した戸籍の数は93。

ファイルに纏めました。

不動産の名義人は3代前。

相関図を作成し、相続会議を開き、

会議決定に従って遺産分割協議証明書を

作成した。

被相続人 ○○ ○○

相続人  △△ △△

相続人

住所

氏名      実印

全てが整いました。

ここまでが行政書士としてのボスの業務。

このあとは、

司法書士の先生にバトンタッチして相続登記。

登記が上がれば、次は、売買です。

ここから不動産業者としてのボスの業務。

昨日、

買主さんと打ち合わせしたボス。

知り合いの司法書士の先生はいらっしゃいますか?

と、ボスは買主さんへ尋ねた。

買主さんから、司法書士の先生の紹介を依頼された。

ボスは相続登記を依頼した先生へ、

引き続き、所有権移転登記を依頼しました。

2012062810280000 


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック

2012年6月29日 (金)

ゴールドへ再スタートの日

それは昨日のことじゃった。

後ろからパトカーが接近。

なんやろな?

おまわりさんが真後ろに。

なんやろな?

窓を開ければ~~

右に寄せて止まってください。

なにかありましたか?

おまわりさんの一言

一時停止違反です。

え~ッ???

何処で?

ボスは免許証を持ってパトカーへ。

気がつきませんでしたか?

はて??

パトカーには二人のおまわりさん。

言い争っても勝ち目はゼロ。

ボスは、素直に免許証を提出した。

切られたキップに署名捺印し、

「気付かず」

と、書き込んだ。

あ~~

2点と7000円。

ガクッ!

ボスはゴールドを目指していたけど、

振り出しに戻っちゃった。

とほほ~~

2012061020480000


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック

2012年6月28日 (木)

講習会

昨日は、講習会でした。

新たな在留管理制度について。

外国人の方達を対象にした講習会です。

講師を務めたボス。

質問の中に、

金融機関で本人確認を求められたとき、

通称名は記載されていない。

こんな場合はどうすれば?

日常生活における切実な問題ですね。

Q&Aとすれば、

Aは「住民票」となりますね。

ボスは2日前、

金融機関との雑談の中で外国人登録証明書は

7月9日からなくなります。

と、話した。

なにそれ?

金融機関の問いに、

ボスは新たな在留管理制度について説明した。

「知りませんでした」

現場の率直な言葉ですね。

ボスが講習会で締めくくった言葉。

入管法は外国人の方々の法でなく、

日本人も含めた法です。

2012061018300000


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック

2012年6月27日 (水)

これは?

ハイ!

喜んで受任致します。

昨日、

ボスが受任したのは不動産売買に関する案件。

でも、

売買には関与していません。

買主・売主双方の当事者売買です。

当事者同士は農家です。

ボスは現地を見た。

登記簿上は、原野ですが、現況は畑です。

これは?

登記簿だけを見れば、なんら許可は不要。

でも、ボスは調査確認の必要性を感じた。

農業委員会へ行く。

ビンゴ!

ボスの予想通りだった。

登記簿上は原野ですが、農地台帳は「畑」と

なっていた。

これで手続きの流れは変わりますね。

農地法3条申請が売買の前提条件です。

3条申請をボスが担当し、

所有権移転登記は司法書士の担当ですね。

2012061205210000


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック

2012年6月26日 (火)

素敵な一言

昨日のボスは宅建業者。

中古住宅の案内でした。

敷地は300坪以上。

平屋の家屋。

女性設計士さんが設計した家屋。

それだけに、

水回りは主婦の動線を考えた構造になっている。

隅々まで細かい気配りもされている。

洋間の引き戸は、重量感に溢れているが、

お洒落なセンスにホッとする空間を醸し出している。

生活の匂いを感じさせないのに、

暮らしの安らぎが漂っている。

案内させて頂いた奥様の一言。

持主さんの素敵な感性に触れさせて頂き、

有難うございました。

奥様の一言にボスも嬉しかった。

持主さんと一緒にお見送りしたボスでした。

2012062121380000


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック

2012年6月25日 (月)

事務連絡の周知依頼も・・・

昨日、

ボスは講習会の準備をしていた。

「新たな在留管理制度について」

講習会の対象者は外国人の方達です。

ボスのもう一つの仕事は宅建業。

下調べの中で、

ふと?

気になった宅建協会の動き。

賃貸借・不動産売買の場面において外国人の方達と

関わります。

実務的に、本人確認としては在留カードとなりますが、

ボスはもう一歩踏み込みますね。

全宅連・全日とも「在留カード」について

掲載されていました。

これは、平成24年5月24日付けで

国交省から事務連絡として通知されたものです。

また、

事務連絡には法務省入国管理局から平成24年5月11日付の

関係各位として書面が添付されています。

「周知依頼」の事務連絡ですね。

これを受け、

全宅連よりご案内が下記の通り届いております、

東京都宅建協会より等々の通知で、

東京・大阪等々では、HP上に掲載されていた。

さて、鳥取県では?

HPを開いてみたが未掲載だった。

鳥取県ばかりでなく未掲載の県は多々ありました。

未掲載の是非はともかくとして、

国交省から団体への事務連絡は各県協会へ下ろされているはずです。

県協会が会員へ下ろしていないのであれば、

「いやはやなんとも」の言葉ですね。

ちなみに、

ボスは鳥取県宅建協会へ「在留カード」の説明講習をします。

と、事務局を通じてFAXしたが「無回答」だった。

国交省の事務連絡「通知依頼」は、

転ばぬ先の杖なのですけどね。

2012061018300000


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック

2012年6月24日 (日)

ここは何処?

昨日のことじゃった。

鳥取での勉強会を終えて帰路。

9号線は大渋滞。

先には、二車線から一車線になる地点が

あるから、右車線から左車線に入る車の

ための自然渋滞かな?

白兎海岸が見えた。

ゲッ!

パトカーが道路封鎖している!

なにがあったのか?

警官が脇道へ行けと合図している。

なぜ?

聞けば、この先で大事故があり通行止め。

脇道から山道へ走るが、ここは何処?

こんな時は、流れに任せるしかない。

山道を登っては下りまた登る。

何処を走っているのかさっぱりわからない。

流れるままに走るボス。

やっと、本線の9号線に入った。

いつもなら1時間30分の走行。

昨日は4時間かかった。

疲れました。

今朝の新聞。

乗用車の正面衝突による死亡事故。

2012061718240001


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック

2012年6月23日 (土)

うっかり見落としていた!

昨日、

依頼者さんと相続案件の最終打ち合わせしていた時、

電話が鳴った。

あっ!

ボスは見落としていたことに気がついた。

それは、固定電話だった。

そうですね。

もはや電話加入権の市場価値などないが、

それでも電話加入権は債権ですね。

債権である以上、手続きを取る必要がある。

でなければ、

いつまでも電話の名義人は被相続人のまま。

ボスはNTTへ電話した。

電話の名義変更(継承)手続きを取りますので

書類を送付して下さい。

相続ですから原戸籍・戸籍簿等々が必要です。

手続き上の相違は、相続人の一人が継承するとしても、

遺産分割協議書は不要です。

ですから、他の相続人の同意も印鑑証明も不要です。

NTTは相続人の一人であることを戸籍等々から確認するだけです。

これで継承は完了します。

次に、継承した電話を休止とするか、譲渡するかですね。

休止の場合は、休止手続き。

譲渡する場合は、譲渡人は印鑑証明と実印。

譲受人は運転免許証等々の本人確認の書類と認印。

電話加入権も債券ですから相続財産です。

ボスは、

うっかり電話加入権の処理を見落としていた。

2012061718240000


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック



     

2012年6月22日 (金)

始めた時が青春!

昨日の朝、

お母ちゃんの一言

ボスへ

誕生日おめでとう。

ボスは63歳になった。

57歳の時、

いっちょ!

やったるか!

平成18年度行政書士資格試験に挑み一発合格。

4.78%の壁を超えていた。

これは夢じゃ!夢じゃ!

頬を抓って痛い!

平成19年に行政書士事務所を開設し、

「不動産と行政書士」となった。

学生時代は勉強より赤ちょうちんで酔っ払っていたボス。

テキストなんて買ったこともなかったボスだった。

ところが、行政書士となり、

こりゃ~あかん!

勉強を始め出したボス。

不動産を軸足に行政書士として何が出来るか。

外国人との賃貸借・不動産売買の経験から、

申請取次行政書士となり、入管法と通則法の国際業務

を柱に据えた。

開業一番目の業務が外国人の方の交通事故だった。

行政書士と交通事故?

ここから交通事故の勉強を開始したボス。

市民生活支援研究会のメンバーとなり、成年後見制度を

教えて頂いた。

車庫証明・古物商・会社設立を実務してきた。

不動産の経験から相続・都市計画法・農地法・風営法は知識として

蓄積していた。

まだまだ、やりたい分野はたくさんある。

63歳は身体的な年齢。

学問に年齢は関係ない。

始めた時が青春!

今年は、医療法人設立を勉強します。

知的資産にも挑戦してみたい。

そして、

建設業許認可を遅ればせながら勉強します。

新たな挑戦にわくわくしますね。

娘と息子から頂いたプレゼント。

2012061818410000

お母ちゃんには還暦祝い。

嬉しい!ですね。

2012061818410001

ありゃ??

ボクのは?

2012061819290000


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック

2012年6月21日 (木)

燃費を考え

ボスは週に500Kを走る。

燃費はリッター10K。

週末毎にガソリンを満タン。

これは痛い!ですよね。

燃費を考え買い換えることにした。

車オンチのボス。

書庫証明を業務としているが、

車の事はさっぱりわかりません。

信頼している中古車のディラーさんへ全てお任せ。

予算内で燃費が良い車を探して頂いていました。

昨日、

ディラーさんから連絡。

ボスはお母ちゃんと見に行った。

ボクも一緒です。

平成21年度のプリウス。

プリウスならば燃費はいいですよね。

ディラーさんがこれならOK!

と、

推薦されたからボスもOK!

契約書に署名捺印しました。

希望ナンバーは、

8686

前から読んで

ハロ~ハロ~

後ろから読んで

ろくや~ ろくや~

納車予定は七月の中頃です。

ディラーさんの一言

運転には物足りないかも。

ボスは走るもんな~

あ!

肝心なことを忘れていた。

銀行は~~~~ん

金貸してや~~~~~~!

2012061518360000


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック

2012年6月20日 (水)

生きた勉強会

ボスが所属する交通事故専門班。

今月の勉強会と来月の勉強会は実務編です。

今月の舞台回しはボスです。

昨年、停車中に後ろからドカ~ン!

お釜を掘られたボス。

加害者は任意損保会社へ加入しているが、

この損保会社は何故か動かない。

動かない理由を問えば、

どう動けばいいのですか?

我関せず。の態度。

ボスは加入している損保会社へ、

被害者請求を行政書士へ業務依頼するため

弁護士費用特約を作動してくれと要請。

これに対し、損保会社はノー!の回答。

理由は、弁護士費用特約の作動は二次被害。

まして、

行政書士に弁護士費用特約を使わせない。

加害者の動かない損保会社へ動いて頂くように

何度でもお願いしなさい。

なんとも呆れた回答ですね。

紆余曲折を経て、しぶしぶ弁護士費用特約の

作動を認めた損保会社。

ボスは被害者請求に切り替え、

第三者行為の手続きを取り、行政書士へ業務依頼した。

自賠責保険会社へ業務受任報告と書類一式を請求し、

自動車損害賠償責任保険支払請求書兼支払指図書を提出する。

これらの流れをボスの案件の複写資料を基に検証する。

手続きの流れと記入方法が一目瞭然ですね。

来月は、

交通事故で治療中に、再度、交通事故にあった案件。

これもメンバーの実体験(進行中)を基に検証します。

今月が基礎編で、来月はステップアップ編ですね。

2012061618340000


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック

2012年6月19日 (火)

間違っていないけど間違っている

ボス

これって変?ですね。

昨日、

ボスは横浜市役所へ問い合わせしてみた。

5月から仮住民票が中長期滞在者へ郵送されている。

ボスは仮住民票の見本をネット検索していた。

横浜市役所の仮住民票と外国人登録証明書の見本の見方は

一目瞭然でわかり易い。

親切丁寧な見本ですから参考になります。

ありゃ???

見本の一つに一か所だけ間違いを見つけた。

仮住民票は外国人登録証明書を基に作成されているから

記載そのものに間違いはない。

でも、間違いである。

ボスは、横浜市役所へ。

これって変ですよね?

市役所の方もHPを見て、

あれ???

間違っています。

あり得ないですね。

さっそく訂正します。

情報有難うございました。

間違っていないけど間違っていた。

一か所の間違いは法律上あり得ない故に間違い。

ボスが所属する国際業務専門班は、

今月末に外国人と雇用機関の担当者を対象にした

講習会を開催します。

新たな在留管理制度について。

そこで、仮住民票についても説明します。

資料作りの過程でたまたま目にした間違いでした。

市役所の方へ、

仮住民票と外国人登録証明書の見本の見方を

参考資料として使用させて頂く事もお願いしました。

わかり易く図式された見本です!

2012061619330000


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック

2012年6月18日 (月)

申述書

昨日、

ボスは、ボス自身の書類を作成した。

交通事故自賠責請求です。

依頼していた行政書士の先生が体調不調からダウン。

一回目の請求は治療費と交通費。

二回目以降はボス自身が引き継いだ。

支払請求書兼支払指図書を作成。

これには請求者であるボス自身の印鑑証明を添付。

病院の診断書・診断報酬明細書・調剤薬局の調剤報酬明細書等々は

入手している。

必要添付書類は全て作成したボス。

問題点は休業損害証明書。

通院日数を一定額で自動計算されてしまう。

給与所得の場合の一定額は計算しやすいが、

自営業者の場合は決算書が基本となる。

ここが自営業者にとっては泣き所ですね。

また、

自営業者が通院以外で休業しても、

「営業」が成り立っている場合は、「休業」と

みなされる可能性は極めて薄い。

ボスは治療固定後に、

異議申立をすべきか、

申述書として事前審査を要請すべきか。

ボスの下した決断は、申述書でした。

事前審査要請に対する回答が、

異議有り!となれば、異議申立をする。

ボスが作成した書類は申述書。

無論、立証資料を積み上げた。

通院日数に一定額が自動計算さるだけだが、

休業損害に理由有り!と認定されれば、

2倍まで加算される。

認定されるか否かによって損害額が違うのですね。

書類の提出先は、自賠責の損保会社ですが、

損保会社に認定する・しないの権限はない。

損害センターの判断となる。

だ・か・ら

書類の全ては損害センターに対しての書類です。

損害センターの認定は、

治療固定後における加害者の任意損保会社との

示談交渉に大きく影響してきます。

自賠責の保険会社にとって、

認定される・されないは問題外。

なぜならば、

自賠責の保険会社の限度額は120万円。

治療費全額・交通費・文書費(診断書等々)・慰謝料等々の

全ての合計金額が120万円。

これを超える金額を支払うのは加害者の任意損保会社

だからです。

後遺障害は治療固定してからの課題ですね。

今日、書類を自賠責の損保会社へ郵送します。

2012061619350001


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック

2012年6月17日 (日)

作務衣と雪駄

この季節になると、

仕事以外のボスのファッションは

作務衣と雪駄。

作務衣の制作者は、お母ちゃん。

雪駄をペッタンペッタン鳴らして

歩くボス。

去年、

足を怪我したボスは、

背広と包帯を巻いた足に雪駄でペッタンペッタン。

お客様が、

思わず後ずさりしたっけ。

この人?

だ・い・じ・よ・う・ぶ

小さな・小さな声が聞えた。

紹介者さんが思わず大笑い。

背広に雪駄が妙に似合うボスでした。

  1. 2012061218370000

人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック


2012年6月16日 (土)

諦めず行政の門をたたく

受任してから一年。

やっとゴール!しました。

農振法の網がかかった農地に建物を建設したい。

受任した時、

ボスは依頼者さんへ、

不許可の確率99.9%と説明した。

依頼者さんもボスへの依頼の前に建設会社を通じて

手を尽くされたが八方塞状態だった。

「それでも、なんとか建設したい」

の、気持ちからボスへ依頼されてきた。

農業振興法・農地法・都市計画法・県条例・市条例の何処を

調べても、こじ開ける根拠がない。

農業委員会からも法的根拠はない。

と、突き放されたボス。

それでも、何処かに突破口はあるはず?

と、各法令・各条例を読み漁った。

読み漁れば漁るほど、可能性はゼロへ・ゼロへ。

農業委員会・農振課を何度も訪問し、

その都度、門前払いとなった。

可能性は限りなくゼロに近いから如何ともしがたい。

まさに八方塞の状況だった。

門前払いの過程を振り返りながら、

ふと浮かんだヒント。

もしかして?

ボスは農振課と農業委員会に打診してみた。

「その方法なら・・あるいは・・法的根拠となる・・」

この感触から、

浮かんだヒントを基にボスは申請書を作成した。

第一段階は許可となった。

続いて、第二段階の申請をした。

これも許可となった。

この瞬間に、

農振法の網から抜け出せた。

ふ~~

それでも調整区域内の農地である。

都市計画法29条と農地法5条の壁を越えねばならない。

設計士・土地家屋調査士の先生と綿密に打ち合わせをし、

また、

維持管理課・水道局・消防署等々の各課とも事前協議を繰り返したボス。

そして、

都市計画法29条と農地法5条を本申請した。

あとは、待つ身ですね。

昨日、

行政より電話。

一瞬よぎった不安。

聞えた声は、

許可書が下りました。

開発許可・農地法5条許可を受け取ったボス。

ヤッター!

諦めず突っ走ったことが報われた瞬間だった。

土地家屋調査士・設計士の先生方との連携のお陰です。

感謝!ですね。

依頼者さん宅へ訪問し、許可の報告をしたボス。

各先生方にも許可の報告をしました。

教訓

門前払いを受けても、諦めず行政の門をたたく。

そこからヒントが浮かぶものですね。

2010012114520000


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック

2012年6月15日 (金)

傲慢な商法

そちらで管理されているマンションの入居者の

方が当社の電気自動車の購入を検討されています。

電話を受けたボスは、

?マーク点滅

充電器を設置させてもらえませんか?

設置とは?

工事のため壁に穴を開けます。

ハ~ッ?

さらに、聞き続けるボス。

設置・管理費用はそちらがもつのですか?

と、ボスが問えば、

不動産屋さんの負担です。

費用は10万円です。

管理も不動産屋さんです。

ハ~ッ?

いまどき、

全国展開の不動産業者なら常識。

とまで言い切った。

な・ん・と!

田舎の不動産屋は遅れている。

と、言わんばかり。

電話でなく、パンフレット等々を持って

説明すべきでしょう。

私には決定権はありませんから、

内容によっては決定権者へ話を繋ぎますけど。

と、ボスが言えば、

決定権がないなら決定権のある方を教えろ。

なんとも横柄で上から目線の言葉使い。

電話一本で充電器の設置を要求するこのディラーさん。

傲慢さにあきれたボス。

電話の後、

これって悪徳電話商法かも?

念の為、着信記録から電話してみた。

メーカーのディラーに間違いなかった。

メーカーの本社へ苦情を入れた。

傲慢なのか?

それとも、

悪徳商法なのか?

大会社の名前に胡坐をかいているのか?

このメーカーには、

知的資産経営の概念などありませんね。

電気自動車を売りたい。

でも、充電スタンドの整備は不備。

だ・か・ら

集合住宅に充電設備を設置させる。

充電設備の設置の有無で入居率が変わる。

このメーカーの独りよがりの論法なのでしょうかね。

メーカーとディラーは違うが、

根っ子の営業概念は同じですね。

2012060320070000


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック

2012年6月14日 (木)

こんな日もある

ボス

昨日は変?

ぼ~っとしている。

依頼者さん宅を訪問すると

気力でシャキッ!としているが。

でも、頭の回転が鈍い。

要点のみ話して、署名捺印を頂くと

サーッ!と引きあげる。

玄関を出ると、

せんせ~い!

依頼者さんの呼ぶ声。

車のキーを忘れていますよ~

昨日は、

早めに帰宅したボス。

2012061020020000


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック

2012年6月13日 (水)

ホッ!

昨日、

ボスは農地法3条申請をした。

受理され、

ホッ!

事前審査のお陰ですね。

申請した旨を地区の農業委員さんへ

報告しておいてください。

農業委員会の指示に、

ボスは、

ハイ!

依頼者さんから地区の農業委員さんへ

報告して頂きます。

と、答えた。

申請書の添付書類ではありませんが、

補足資料を添付したボスでした。

2012061205250000


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック

2012年6月12日 (火)

時空の探索人

2012060810190000

相続案件

現代から過去へ。

過去から現代へ。

相続相関図を作成する行政書士は、

時空の探索人ですね。

被相続人の戸籍から相続人の糸を紐解いて行く。

時には、糸がプツリと切れる場面もある。

ボスは県外の市役所へ飛んだ。

職務上請求書を郵送請求でなく直接請求した。

もしかして?

の、場面を想定したボス。

就業開始10分前に到着。

整理番号1番。

ボスは相関図と収集した戸籍を提出し、

不足の戸籍を説明した。

整理番号61番・・・65番となるも、

1番はまだ表示されない。

1時間経過、

ひょっとして、「無い」のかも?

職員さんへ「無い」場合は、

「無いことの証明」を求めていたボス。

2時間経過。

職員さんが、「お待たせいたしました」と

ボスの所へ。

やはり、ありませんでした。

と、職員さんの言葉。

「無いことの証明」を受け取ったボス。

明治で糸がプツリと切れた。

如何ともし難いですね。

もしかして?

の、

場面を想定したボスの読みは的中してしまった。

切れた糸は、「無いことの証明」を以て

証明する以外にありませんね。

2012061205250000


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック

2012年6月11日 (月)

日曜日

日曜日

ボスが早く帰宅した。

イエ~イ!

ダイエットウオーキングだ!

2012061018300000

でも、

ウオーキングコースにはおっかない場所が

ひとつある。

そこに近づくとボクの足は止まる。

いるかな?

でっかいワン君が吠えかかってくる。

うひゃ~!

ボクは一目散で駆け抜ける。

散歩から帰ると、

風呂場でボスがボクの足を洗ってくれる。

次のダイエットメニューはジャンプ。

ボスがマスコット君を高く上げる。

ボクはジャンプしてマスコット君を咥える。

2012061020020000

夕食後、

呑んでコテンス~のボス。

ボクもボスの腕を枕にコテンス~

2012061020480000


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック


2012年6月10日 (日)

事前審査

農地法3条申請

久しぶりに受任した農地法3条申請。

農業委員会へ行き申請書を頂いた。

ゲッ!

記載方法が以前と比べて違う。

より詳細な内容が求められている。

譲渡人の農地からの対価は従来なかった事項。

譲受人は

田 何㎡・畑何㎡を所有しているか。

ここまでは、従来通りの事項だが、

何を耕作しているか?

休耕している場合はその理由などなど。

また、

1月から12月までの期間。

作付け期間・収穫期間の記載が求められている。

譲渡人・譲受人だけが知り得る事項ですね。

双方からより正確な情報を得なければなりませんね。

ボスは農業委員会へ事前審査を申し入れた。

譲受人の名寄帳と、譲受人からの情報に基づき、

田・畑の総合計㎡を記載したボス。

事前審査から、

農業委員会の台帳と記載に誤差が生じた。

農業委員会の台帳の通りに修正したボス。

その他、

若干の補正箇所を修正が求められたが、

3条申請の書類が整った。

週明けには本申請します。

2011022814450000


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック

2012年6月 9日 (土)

恐怖!

それは、昨日のことじゃった。

ボスは高速道を走った。

片側一車線の高速道。

バックミラー

後続車が猛スピードで接近してきた。

バックミラーに写るドライバーの顔。

ピタッ!と後ろにつくと、右へ・左へ。

すると、

す~っと遠ざかり、

再び猛スピードで接近し、右へ・左へ。

何度も繰り返された。

煽られる恐怖。

片側一車線だけに逃げ場のない恐怖。

もう少し走れば先に追い越し車線がある。

左車線に寄ると、後続車がスー!と右側を

走り抜けた。

ホッ!

走り抜けた車のブレーキランプが点滅し、

右へ・左へ。

前の車を煽っている。

距離をあけると、再び猛スピードで追いかけ

ブレーキランプが点滅し、右へ・左へ。

ボスは左車線をゆっくり走った。

2011022814450000


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック

2012年6月 8日 (金)

残業

昨日

ボスはお母ちゃんと残業した。

車庫証明を作成。

農地法3条申請を作成。

3条申請の書式が若干変更されており、

従来と比べてより詳細な記載が求められている。

午前0時を回る。

不動産売買契約書の原案を練る。

ボスは仲介業務に介入していない。

売買契約書は公正証書で取り交わすが、

公証人の先生と打ち合わせのため、

(案)を作成しなければならない。

案件はちょっと複雑な売買です。

2時を回るが、案は頭の中で

文章化し得なかった。

5時に起きたボスは事務所へ。

相続で不足していた原戸籍を

職務上請求書に記入する。

県外の市役所ですが、

再チャックの必要性から、

郵送でなく直接請求に走ります。

2012053120160000


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック

2012年6月 7日 (木)

え~?あの~?その~?

昨日、

自賠責の損保会社からハガキが届いた。

振り込み案内でした。

金額を見て、

なにこれ?

自賠責の損保会社の事務担当支社へ電話。

仮渡金を支払っておりますので、

今回は、

2月末までの交通費と治療費ですから、

中途半端な金額になっています。

ところで、支社から行政書士の先生が

病気のため、以後の手続きをご本人様で

なされると伺っていますが。

行政書士の先生でなく、

被害者請求をご本人様が

なされるのは初めてのケースです。

出来ますか?

大丈夫ですか?

なんとも優しいお言葉ではありませんか!

そして、

行政書士が交通事故の自賠責業務に携わることを

十分に認識されている。

ボスは

たどたどしく、

え~? 

あの~?

その~?

と、尋ね、

これからの手続き方法を懇切丁寧にレクチャーして

頂きました。

これも実務基礎の復習ですね。

2012060220550000


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック

2012年6月 6日 (水)

モーニングコーヒー

2012060519110000 

今朝、

ほぼ完成したテラスでモーニングコーヒーを

飲みながら新聞を読みました。

2012060605470000

夏休みには孫君が帰省します。

テラスで孫君と遊びます。

孫君が落っこちないように柵も作りました。

庭でバーベキューをします。

焼く人

ボスと新米パパちゃん。

焼いたら、柵越えにお母ちゃんへ渡します。

テラスで、孫君と新米ママが食べる。

暗くなったら、

ボスと新米パパちゃんは花火をします。

孫君と新米ママはテラスで、

たまや~~~~

ボクも

ボクもテラスで食べて、

かじや~~~~

はや~~く、

こい・こい夏休み

2012060320010000


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック

2012年6月 5日 (火)

面白い本!

2012060414390000

面白い!

昨日、届いた本。

小田順子先生の著書

これで怖くない!

公務員のクレーム対応術

出版社 学陽書房

定価=本体1800円+消費税

読んで、ワッハッハ~~

あるあるこんな場面。

うなずきながら、ワッハッハ~~

これ滅茶面白い!

ボス的小田順子先生を紹介。

愛称は、にゃんたろー先生です。

酒は滅法強い!

唄はランランラ~ン!

話は面白い!

CSMSライラーであり、

初級シスアド、Microsoftのオフィスユーザースペシャリスト。

凄い!

にゃんたろー先生です。

ボクは、ボスへ問う

ところで、

CSMSライラーって?

初級シスアド、Microsoftのオフィスユーザースペシャリストって?

ボスの一言

宇宙語と違う?

ボスは糸電話世代だからな~

2012060320070000


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック


2012年6月 4日 (月)

今日もロスタイムなく

朝一で、

市役所へ行き、相続案件の原戸籍を申請します。

この原戸籍によっては、

県境の役場まで走るつもりです。

急を要するため、郵送での請求では間に合わない。

市役所では、別件で農業委員会へ行き、

事前協議をさせて頂きます。

協議内容によって、選択肢を絞り込み、

司法書士・土地家屋調査士の先生方と

打ち合わせします。

最終地点は一つですが、

土地家屋調査士の立場から、

また、

司法書士の立場から、

登記の流れが微妙に違ってきます。

この流れの鍵は、

農業委員会にあるため、

事前協議の中から紐解いてゆきます。

今日もロスタイムなく走ります。

2012053021320000


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック

2012年6月 3日 (日)

動き出したボス

交通事故で被害者請求していたボス。

行政書士の先生へ

自賠責請求の手続きを委任していた。

しかし、

先生が病気でダウン。

業務を続行することが出来なくなった。

やむえない理由ですね。

ボスは業務をボス自身が引き継いだ。

自賠責の損保会社へ行き、

これまで提出された書類一式の複写の提出を

求めた。

損保会社は本人請求ですから、後日、送付する

旨を回答した。

交通事故は平成23年10月27日発生。

自賠責の損保会社より、

仮渡金と事故から平成24年2月末日までの交通費が

自賠責より振り込まれている。

従って、

平成24年3月よりの手続きとなる。

治療は現在も継続している。

あれ?

治療期間は6ケ月?

指で折っても6ケ月を経過している。

一般的に、交通事故の治療は6ケ月を経過すると、

損保会社から、そろそろ治療固定しては?

と、やんわりと圧力がかかる。

ここに、被害者請求と加害者請求の落とし穴が

潜んでいるのですね。

被害者請求と加害者請求には、メリット・デメリット

があります。

加害者請求の場合、治療は毎日通院出来る。

しかし、

被害者請求の場合、治療は月15回と限定されている。

ここが落とし穴ですね。

6ケ月でも被害者請求では実質的に3ケ月に治療となる。

だ・か・ら

6ケ月を経過しても治療の継続に損保会社は

妙な圧力をかけられない。

デメリットは長期の通院を余儀なくされること。

業務を引き継いだボス。

これまでの期間の休業補償と慰謝料請求をすることにした。

ボスは自営業者。

慰謝料は治療日数で自動的に算出される。

休業補償も申告決算書から自動的に算出される。

しかし、

自営業者の休業補償の場合は、所得金額以外に

地代・租税等々の経費を計上することも可能。

黙っていたら、所得金額で自動的に算出されてしまう。

ボスは、自動的に算出された休業補償に異議申し立てを

するか、

または、

先手必勝で、請求に申述書を添付して出方をみるか。

ボスの決断は先手必勝。

当然、申述書にはそれなりの立証資料が必要となる。

立証資料を積み上げながら申述書を作成しているボス。

むろん、

治療固定後の後遺障害においても、

納得し得ない場合は異議申し立てをします。

請求は自賠責の損保会社ですが、

損保会社は書類受け取り窓口に過ぎない。

判断は自賠責の損保会社でなく、

損害センターの判断です。

自賠責の休業補償・慰謝料・後遺障害の認定が、

後の加害者の損保会社との示談交渉に大きく影響しますからね。

2012053119360000


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック

2012年6月 2日 (土)

つながり

昨日

司法書士事務所で打ち合わせ中。

そこへ来社されたお客様。

先生から声がかかった。

ハイ!

と、元気よく席に着くボス。

先生の一言

農地法3条の手続きを頼みます。

ハイ!

受任させて頂きます。

パパッ~と必要書類の要点のみ伝えるボス。

先生から仕事を増やしちゃったかな。

と、言われ、

有難いです。

ニコッ!と笑顔で答えるボス。

農地法3条

農地を農地として権利移動ですね。

ボスは農業委員会へ行き、

3条申請の用紙を受けとりました。

2012053120160000


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック

2012年6月 1日 (金)

ドンピシャリ!

昨日の昼食の前に三者会談。

ボスが提示した管理契約(案)

で、シャシャシャン・シャン。

あとは、

食事しながら雑談タイム。

奥様の一言

借家の管理も頼めないでしょうか?

ボスの一言

売っちゃいましょ~

奥様の一言

いくらで売れるでしょう?

ボスは奥様から借家の所在地と

土地の坪数と建物の間取り等々を聞いた。

そして、

ボスの一言

高値で幾ら。底値で幾ら。

と、予想売却金額を提示した。

奥様の一言

底値で売ってください。

シャシャシャンシャシャシャン・シャン

食事の後、ボスは奥様の車に乗って、

建物を見に行く。

ボスの提示した底値はドンピシャリ!

2012050819120000


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »