« 訃報 | トップページ | 85日前 »

2012年3月13日 (火)

法の診療所

昨日、

お通夜で、お経を聴きながら、

行政書士って?

改めて問い直してみた。

「法の診療所」ではないでしょうか。

日常生活において、

様々な法の網の中で暮らしている。

普段は「法律」を意識しないが、

あれ?

こんなときどうすれば?

となる場面が生じる。

例えば、

人身交通事故で加害者が無保険だった。

自賠責が作動するが自賠責の意識は薄い。

大切な人が亡くなられた。

相続は?

普段、意識しない法律が投網される。

行政書士は投網された法律をひとつひとつ

ときほどく。

ときほどきながら、

税は税理士・登記は司法書士・年金は社労士

等々と専門医(各士業)へバトンタッチする。

「争そい」は弁護士の先生へ委ねることになる。

行政書士とは、

暮らしの中の「法の診療所」ではないでしょうか。

2012030912040000


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック

« 訃報 | トップページ | 85日前 »

コメント

私も、行政書士は法の町医者だと思ってます。
その分広範囲な知識を求められますが。。。

私自身はその域に達していませんが、
よろず法務相談屋的な要素はありますね。(^-^;

総合診療科ですね~。
ポチッ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 法の診療所:

« 訃報 | トップページ | 85日前 »