« 概略説明のみ | トップページ | 吞み会へ »

2012年2月14日 (火)

バランス感覚

昨日

「調停条項」に従い、ボスが動き出した。

相手に建物の鍵の引き渡しと、

建物内の動産物の搬出を期限付き書面で送付した。

相手は日本人で中国在住者。

期限内に搬出しない場合は、残置物(ゴミ)として

処分する旨の同意を求める書面も念のため送付した。

ボスは不動産業であるが、

この不動産売買には関与しない事を決めた。

仲介はボスの仲間の不動産業者へ依頼。

ボスが不動産売買に関与すれば、

売買価格に疑念が生じる。

何故なら、

「調停条項」の価格はボスが査定した

市場での売却可能価格だから。

つまり、

「市場価格」でなく、競売価格を想定し、

予想落札価格をもって設定したものである。

尤も、売買価格は調停条項に記載されて

いるから、なんら問題はないが、

これがボスのバランス感覚ですね。

それでも、

全体はボスが把握します、


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック

2012013120580002

« 概略説明のみ | トップページ | 吞み会へ »

コメント

事案を総合的にみてのご判断だと思いますが、
プロの仕切を感じますね。

トータルコーディネーターですね!
ポチッ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バランス感覚:

« 概略説明のみ | トップページ | 吞み会へ »