« 総会 | トップページ | 朝から変? »

2012年2月20日 (月)

今は、受任できません

総会から事務所に戻ると、

5時のアポの準備をするボス。

「相談業務」から業務に移行出来れば良いですね。

相談者は外国人。

話をじっくり聴いたボオス。

頼めますか?

ボスは即答した。

残念ですが、受任できません。

もう一年待って来年の申請を薦めた。

理由を説明すると、

外国人の方も、「やはり・・・」と落胆の表情。

何故?の理由は、

外国人さん本人が一番よくわかっている。

在留資格変更をする必要性と根拠があまりにも

希薄すぎる。

「だ・か・ら」と訴えるものがない。

ボスは、

三通りの方法を説明した。

そして、

再度、じっくりと考えて、どれを選択するか

意志を固めてから来てください。

と、締めくくり、相談料を受け取りました。

2012021821440002


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック

« 総会 | トップページ | 朝から変? »

コメント

出来ないものは出来ない。
言うべきことはキチンと言う。
それが、お客様の利益に繋がりますね。
ポチッ!

しんめいさん
断ることも時にはお客様の利益ですよね。

こちら特に新宿杉並台東あたりでは、「普通じゃ通らないからこそ、私たちプロのところに来るんでしょう!? だから通してあげなくちゃ!」と、職業欄等を「アレンジ」してしまうかたがけっこういらっしゃいます(マジです。酒の席でものすごく飲ませると、本気でそれが「プロ根性」だと話します。名刺に「国際~」と入れていらっしゃる一派のかたがたにその傾向は多いようです)。
国家がどういう目的で法制をしているのかをまったく理解しない、間違ったプロ意識の行政書士が多すぎます。

ハイ、それこそ、親の希望通り稼業を継いで何が悪い!?とふんぞり返るヒドイお坊さまがたの割合とたぶん同じくらいに……

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今は、受任できません:

« 総会 | トップページ | 朝から変? »