« 賃貸住宅管理登録業者 2 | トップページ | ちょいと一息 コーヒータイム »

2011年10月 6日 (木)

賃貸住宅管理登録業者 3

賃貸住宅管理登録業者の業務とはなにか?

国交省の回答は次の通りです。

「賃貸住宅の家賃・敷金等の受領や契約の更新、退去手続きなどの

管理業務を対象としており、それぞれの別の観点から業務の適正化

や消費者の保護を図っています。」

では、

「それぞれの別の観点」とは?

ヨ~イドンのスタートラインとその後と言う意味です。

つまり、

入居者との「賃貸借契約」は宅建業者の媒介契約業務である。

賃貸住宅管理者登録者は、あくまでも、建物の管理業務である。

非宅建業者の賃貸住宅管理登録者が

スタートラインでの賃貸借契約を締結すれば

宅建業法に抵触することになる。

ですから、

賃貸住宅管理登録業者には、

宅地建物取引主任者の設置義務がありません。

あくまでも、

入居後の賃料等・更新・退去手続き・建物管理が主たる業務となります。

続く

2011092318310000


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック

« 賃貸住宅管理登録業者 2 | トップページ | ちょいと一息 コーヒータイム »

コメント

マンション管理業者には、
管理業務主任者の設置義務がありますよね・・・。
う~ん。何か微妙・・・。
ポチッ!

ハイ!
なにか微妙ですね。
これが賃貸住宅管理登録業者制度です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 賃貸住宅管理登録業者 3:

« 賃貸住宅管理登録業者 2 | トップページ | ちょいと一息 コーヒータイム »