« 車庫証明・自動車登録研修会 | トップページ | 賃貸住宅管理登録業者 2 »

2011年10月 4日 (火)

不動産業界は地殻変動するでしょう

賃貸住宅管理業者登録規定

平成23年9月30日公布

平成23年12月1日施行

所轄官庁は国交省です。

ズバッ!と結論から先に言えば、

賃貸住宅管理登録業者は宅建業法と

微妙に切り離されています。

つまり、

宅建業者以外の個人又は法人でも賃貸住宅管理登録業者に

なれます。

ここがこの規定の大きなポイントですね。

このことより、

国交省へ賃貸住宅管理登録業者として登録する制度です。

5年毎の更新となります。

規定は公布されましたが、

「手続きの流れ」「必要添付書類」は順次発表されます。

結論で述べましたが、国交省が所轄官庁ですから、

宅建業の登録手続きとは異なります。

つまり、県への申請ではなく、

登録は「地方整備局」が窓口となります。

登録申請書は国交省住宅整備課よりダウンロード出来ます。

12月1日受付開始です。

不動産業界は、

賃貸住宅管理登録業者制度に伴い、

今後、大きく地殻変動するでしょうネ。

2011100117440000


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック


« 車庫証明・自動車登録研修会 | トップページ | 賃貸住宅管理登録業者 2 »

コメント

不動産業が大きく変わるような気配ですね。
賃貸業参入がより容易になり、ますます大手有利に
進んでいくのでしょうか?

管理業者にとっては、書面交付報告義務など、
これまで以上に負担が増えることになりそうですね。

何やら、ややこしくなってきましたね~。
ポチッ!

西尾の行政書士さん
そんな気配を感じますね

けんきぼーさん
負担は増えますね。

しんめいさん
ハイ!
不動産業界にとっては危機ですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不動産業界は地殻変動するでしょう:

« 車庫証明・自動車登録研修会 | トップページ | 賃貸住宅管理登録業者 2 »