« 方向性 | トップページ | スポーツの秋 »

2010年10月13日 (水)

宅地建物取引主任者試験

宅地建物取引主任者試験

試験日は10月17日です。

ボスが受験したのは昭和47年。

一冊の問題集を反復継続。

問題集は最高のテキストでもある。

勉強方法は人によって千差万別。

専門学校に通う。

通信教育を受講する。

法学部なら腕試し。

それでも私は言い切る。

合格の二文字を獲得するための受験勉強に

徹するべきだと。

理屈はいらない。

解釈もいらない。

素直に覚えるだけ。

国家資格試験は学者を目指すのではない。

「合格」することのみ。

その方法とは?

単純明快です。

「一冊の問題集を反復継続する」だけ。

そして、判例六法を引く。

であれば、

独学でも十分に対処しえるはず。

「わからない」のではなく、

反復継続することで、

わからないが「見えて来る」。

見えてくれば、「わかってくる」。

これを繰り返せるか否か。

合格と不合格の分岐点ですね。

問題集を買い換える。

マーカーを使う。

具の骨頂であり、「不合格」への浪費ですね。

買い換えるイコールやったつもり。

マーカーを使うイコール勉強したつもり。

浪費しながらお絵かき帳で遊んでいるだけ。

さて、

建蔽率などの計算に苦手な方へ

単純明快な答え探し

「綺麗な数字」を選べば確率は高いでしょう!

「勘」もテクニックですからネ!

2010101119110000


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック



                  ビジネスネット

« 方向性 | トップページ | スポーツの秋 »

コメント

おっしゃる通りですね。
私も、昨年、宅建受験講座の講師を
やらせて頂いた時に、いつも、
「学者になるための勉強ではない。
四の五の言わずに、とにかく覚えること。」
と生徒さん達に言ってました。
ポチッ!

試験は合格か不合格かの二文字しかなし!!
屁理屈言ってる暇があったら問題を解くべし!!

応援クリック!!

私も今年宅建を受験します。
勉強法は、もっぱら過去問の反復継続です。
宅建業法が少々伸び悩んでいるので、今追い込み中です。

コスモさん、こんにちは♪
>これを繰り返せるか否か。

それが一番難しい(><)

勘のみで今までやってきました(笑)

コスモ先生
こんにちは!

語学でも全く同じです。いわゆる
バッタのようにテキストホッパーに
ならないこと。繰り返すことは飽き
を感じて放り出したくなりますけど、
正にそこから!なんですよね。宅建。
剣鬼坊先生がんば!です~

コスモさんも資格勉強熱心ですが、ひょんなことからワタシはCFP2科目も11月なのに「住宅ローンアドバイザー」資格まで申し込むハメに^^;

あ、例のfacebookは<ひとなみ>サイドバーに登録までの道のりを少し詳しく解説しときました^^ まだ士業仲間1人しか登録してないのでよろしくですw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宅地建物取引主任者試験:

« 方向性 | トップページ | スポーツの秋 »