« 東京で楽しもうぜ! | トップページ | 彼は気がつかなかった »

2010年10月22日 (金)

居るけど居ない、居ないけど居る

2010102122050000

昨日、

ボスは名刺を渡すとき言葉を添えた。

私には交渉権はありません。

双方の話し合いをメモし文書化します。

身構える相談者の相手方に緊張の糸が切れたな。

とボスは感じた。

相談者と相手方が話す。

時折、双方から先生はどう思われますか?

と、問われても、

話し合いを続けてください。

と答えるボス。

1時間経過した頃、相談者は相手方に妥協点を

話し始めた。

相手に、「安堵」の表情を感じ取ったボス。

妥協点で合意となる。

ボスは、双方へ、

では、

これを合意書として作成します。

相談者も相手方も、ボスに、

笑顔で宜しくお願いします。

「居る」けど「居ない」

「居ない」けど「居る」

これも民事分野における

「行政書士」の「技」であり、

ADR手法ですネ。

2010101817030001


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック



                  ビジネスネット

« 東京で楽しもうぜ! | トップページ | 彼は気がつかなかった »

コメント

>居るけど居ない、居ないけど居る
これは中々出来ることではありません。
どうしても相談者の側に立って口をはさみたくなります。
民事業務の真髄ですな!!

応援クリック!!

実にリアルで、大変勉強になりました。
ありがとうございました。

コスモさん、こんにちは♪
きっとコスモさんのお人柄もお手伝いしてるような気がします。

緊張した雰囲気が伝わってきます。
人生経験等が豊かな先生だからこそ、できることですね。
ポチッ!

嶋田先生
行政書士は、やじろ平ですね。

けんきぼーさん
お言葉 有難う!

あばたさん
口にチャックですね。

しんめいさん
私はまだまだ未熟です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 居るけど居ない、居ないけど居る:

« 東京で楽しもうぜ! | トップページ | 彼は気がつかなかった »