« 今は | トップページ | 見えて来る »

2010年4月22日 (木)

不均衡の関係

マンションのオーナーさんからの相談。

ボスのもう一つの仕事は不動産業。

相談は隣室同士のいがみ合い。

双方が苦情をオーナーさんへ。

オーナーさんは仲介した不動産会社へ相談。

それでも

埒があかない、

いがみ合いに困り果てたオーナーさん。

ボスの提案は双方の話し合い。

双方とオーナーさんとボス。

ボスは双方へ。

私はどちらの味方にもなりません。

これから双方で話し合ってください。

但し、

これまでの件は過去の事として、

これからどうすれば良いのか。

を、テーマとして話してください。

双方は、話し合いながら

最後には、私も悪かった。

ここで、ボスが口を開いた。

縁あって同じ建物に暮らしていらっしゃる。

お互いの生活を尊重しながら仲良くしてください。

不動産会社は個別に相手からの苦情を伝え

改善を求めていた。

これでは、

「なんでこっちばかり!」となり、

エスカレートするばかり。

心理カウンセリング

   Cオーナー

A―――――B

AとBはマイナス。

CとAはプラス。

CとBもプラス。

(―)*(+)*(+)=(-)

これを心理カウンセリングでは

「不均衡の関係」といいます。

双方の「話し合う場」を持つことで、

(+)の「均衡」が生じる。

ボスは

「心理カウンセリング」と「ADR手法」

を活用した。

2010042120240000


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック



                  ビジネスネット

« 今は | トップページ | 見えて来る »

コメント

コスモ先生
私もアパート住まいをしているので人事とは思えないです。

応援クリック!!

嶋田先生
隣人のトラブルって多いですよね。
なかでも、
音」が原因ですね。

コスモさん、こんにちは!

生活をする上で、必然的に漏れ出る音
(足音や洗濯機を回す音)は仕方ないと
思うんですが、それさえも堪えられない
という神経質な人もいるので、難しい
ですね、隣人トラブルは(;´▽`A``

不均衡の関係・・興味深い理論です。

コスモさん、こんにちは♪
コスモさんは心理学にも精通してられるのですね。
「不均衡の関係」
記憶しときます。

遠山の金さん
音に対する反応は人様々ですからね。

あばたさん
「不均衡の関係」
心理カウンセリングで聴きました。
なるほど!と思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不均衡の関係:

« 今は | トップページ | 見えて来る »