« 一つのキーワード Ⅱ | トップページ | ミリの世界から生還 »

2010年2月27日 (土)

もうひとつのキーワード Ⅲ

2010022619090000 

改正入管法は平成の大改正とも言われています。

外国人登録法が廃止され、

在留カードが新設されます。

国による一元管理ですね。

73条第2項は、条文を読む限りにおいて、

不法就労に対する雇用者等側の罰則規定の強化

となりますね。

不法入国者・不法上陸者・不法在留者だと

「知らなかった」は理由にならない。

出国命令をうけた者・取り消された者だと

「知らなかった」は理由にならない。

在留資格の活動に属さない活動だと

「知らなかった」は理由にならない。

「許可」が必要だと

「知らなかった」は理由にならない。

「知らなかった」は過失がないではなく

「過失がある」となり、懲役若しくは罰金。

では、何故、

「過失がある」と入管法は規定したのか?

言い換えれば、

懲役・罰則を受けないためにはどうすれば?

その答えが、

第19条1項及び2項ですね。

つまり、

「就労資格証明書」であり「資格外活動の許可」

ですね。

誰が証明・許可するのか?

それは、法務大臣です。

つまり、法務大臣から

証明・許可が与えられた外国人は

不法入国者・不法在留者・不法残留者・出国命令等々に

該当しないからです。

法に従った手続きをするだけですね。

ボスは今夜もお湯割り焼酎「閻魔」を呑みながら

入管法を呼読んでいる。

ボクも「犬のしつけ方」の本を読んでいます。

2010022619490000


人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック



                  ビジネスネット

« 一つのキーワード Ⅱ | トップページ | ミリの世界から生還 »

コメント

コスモ先生
こんにちは!

あ!なるほど。分かりました。
代理申請した書類が法務大臣のお墨付き
がついていればそれでOKなんですね。
すっきりしました!ありがとうございます。

今日は曇りですね

ろく君、こんにちは♪
海外労働者がどんどん増える中、こういうことをキチリとして貰えると私たちも安心です。
今は決して悪い人では無いのでしょうが、外国人というだけで、ちょっと怖いイメージを持ってしまいますから。

ろく君もお勉強ですか。
いいワンコさんになれそうですか?

コスモ先生
「法に従った手続き」今さらながら、
きちんとやってほしいですね。

応援クリック!!

ろく君も一緒にお勉強ですね。
法に従った手続…大事なことです。

応援!

ニャロメ老師さん
法の手続きが大事だということですね。

あばたさん
外国人から見たら、私たちが外国人なんですね。

嶋田先生
法の手続きをきちんとやるべきですよね。

アラファー☆女性社労士さん
ハイ!
ろくも勉強中です。
ハイ!お手!
ボールを投げたら、取っておいで。
おりこうさん
ハイ!ごほうび!


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もうひとつのキーワード Ⅲ:

« 一つのキーワード Ⅱ | トップページ | ミリの世界から生還 »