« 魔法の手法 | トップページ | リコール »

2009年5月 9日 (土)

迷い道から抜けて

行政書士の仕事

平成18年度の試験に初挑戦して合格しました。

一年間の独学でした。

平成19年5月に事務所を開設。

2年が過ぎ3年目に入ります。

当初の一年間は行政書士として

何をすべきか?迷っていました。

業務を大別すれば、

許認可業務と民事業務となります。

一年間迷いながら模索し続ける。

それは、自分探しの迷い道でした。

そして気がついた。

「不動産業」!

不動産売買の背景には「相続問題」・「離婚問題」

「借金問題」「境界問題」「土地争い問題」等々がある。

不動産賃貸借の背景には「敷金問題」・「原状回復問題」

「外国人問題」「高齢者問題」「生活保護問題」等々

が潜んでいる。

許認可業務でなく民事業務だと気がついた。

それが「不動産と行政書士」の誕生です。

「衣・食・住」の一つである住は不動産業務。

「不動産」に絡む糸こそ私の行政書士としての

仕事だと気がついた。

仕事は一人ではできない。

幸いに、

不動産業から、司法書士・土地家屋調査士・

税理士・公証人・弁護士との繋がりもある。

これからも、

「不動産と行政書士」として仕事を続けます。

人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック

« 魔法の手法 | トップページ | リコール »

コメント

「許認可業務でなく民事業務だと気がついた。それが「不動産と行政書士」の誕生です。」
コスモさんの仕事の真髄が分かりました。
幅広い人間の生活や人生は不動産売買や登記と切り離せないんですよね。私の半生がそうでしたから。
そしてやはり、人間が好きなんですね。

コスモ先生

回りに流されて、主体的に生きていない
人間がほとんどの中で、しっかりと自分
のやるべきことを見つけ、その人生を
歩んでこられた先生は立派だと思います。
益々のご活躍を祈念しております。

いろいろ考えて
これだ!というものを
見つけられたこと
すばらしいと思います
わたしはまだ模索中なのです
いつかコスモさんのように
迷い道から抜け出したいです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 迷い道から抜けて:

« 魔法の手法 | トップページ | リコール »