« 公平な競争 | トップページ | 公平な競争 3 »

2009年5月26日 (火)

公平な競争 2

「公平な競争」で頂いたメールの中で。

「先生は合格に達する勉強をするだけ。と言われた。

それなら、何故、一流大学を目指さなかったのですか?」

ズバッ!と斬り込まれた質問ですよね。

でも、答えは、単純明快です。

目指したけど、「桜散る」の結果だった。

「授業料免除」に「決めた!」と入学したのが

新設の大学でした。

二つの奨学金とバイト代を合わせれば

仕送りゼロでも暮らせます。

さらに、メールの中には、

「大学で教科書を購入しないで

授業を受けたのですか?」

との質問もありました。

この答えも、単純明快です。

授業そのものを受けなかった。

試験では、

例えば、経済原論で、

答案用紙に、大文字で「金」の一文字。

「宅建を目指した動機は?」の質問もありました。

これも単純明快な答えです。

たまたま本屋さんで、今から間に合う宅建試験の

帯のついた本が目にとまったから。

「そうなんだ」と単純な動機から本を買い、

その気になっただけ。

「57歳で行政書士を受ける動機はなんでしたか?

資本論から経済学部とわかりましたが、

法学部でもないのに?」

この質問も単純明快な答えです。

大学時代の恩師の見舞いに行く。

恩師は管を通した身体で机に向かい、

こんな身体になっちゃったよ。

ワッハッハ~~と笑いながら、

論文を書いておられた。

見舞いから一週間後に亡くなられ、

奥様からその時の書きかけの論文を

遺稿として頂きました。

遺稿を読みながら、

よっしゃ!

いっちょ やったるか!

と、燃えた。

それが、行政書士試験だった。

国家試験に学部など関係ありません。

人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック

« 公平な競争 | トップページ | 公平な競争 3 »

コメント

コスモさん、こんにちは♪
決断力ですね。
誰でも閃きや思いつきってありますが、それを行動に移せるかどうかで人生は変わってくるのでしょうね。

コスモ先生

笑いあり、涙ありのコスモ先生のお人柄が
表れている文章ですね。
おっしゃる通り、資格試験に学部は関係ありません。
もっと言えば学歴も関係ありません。
(一部学歴制限を設けている資格有)
ある意味「公平な競争」の場です。

やろうと思った時こそが、旬なときですね。 年齢なんて関係ないし、(とはいっても素晴らしいです。) あっけらかんと言われているところがまたいいですね。

勇気をいただけます。。。

コスモさんは何故大学の授業に出なかったのですか。
それぞれの教官が半生を費やした研究を、学生は大した苦労をせずに享受できるのに、勿体無いことしたのではないですか。

あばたさん
動くか動かないかですね。

嶋田先生
国家資格試験は公平ですよね。

みやびさん
何事も始めた時が旬です。

sonataさん
それに気がついたのが、恩師の遺稿です。
学生時代は、
教授と赤提灯で呑んでました。
授業には出ないけど、何故か、飲み屋さんから、出てこ~~い。と誘われてました。

教授と24時間マージャンを打ち、
終わってみれば、チャラでした。

どんな質問にも
明朗快活なお答え
すばらしいですね☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公平な競争 2:

« 公平な競争 | トップページ | 公平な競争 3 »