« リコール | トップページ | 講習会依頼(魔法の手法) »

2009年5月11日 (月)

山道を走る

2009051107530000

今朝、5時にスタート。

新見市(岡山県)へ行っていました。

181号線をのんびりと走る。

溝口は鬼の町。

鬼の橋を渡る。

右折すれば鬼の館。

そして、その先には花廻廊がある。

道は出雲街道です。

江戸時代は参勤交代の道。

間地トンネルを抜け、再び、181号線へ。

根雨を通り過ぎた地点で右折すれば明地峠。

しかし、

私は真っ直ぐ走る。

金持神社を眺めながら心で参拝する。

四十曲トンネルの手前を右折。

山道へと入る。

上りきる手前に急勾配の道。

右手は山肌、左手は崖。

以前、雪道のこの道でハンドル操作に失敗。

左手の崖へとスリップ。

その一瞬に思い出した新潟での体験。

「雪道では滑った方向にハンドルをきれ」

崖に向けハンドルをきる。

山肌に向く。

次の瞬間、

車は後退し、

山肌に積もった雪の中へ

尻餅をつく格好となった。

崖からの転落は避けられたが、

尻餅からの脱出は不可能となる。

助けを求め雪の山道を歩く。

目に飛び込んだのは除雪車。

助かった!

山を登ると、緩やかな下りとなる。

そこには、

渓流釣りには絶好のポイントがあります。

樹木に挟まれた細い山道。

窓を全開して森林浴。

爽やか。

この爽やかな森林浴を求めて、

山道を走るのです。

若い頃は、

ミッションの車でこの細道を

アクセルとクラッチを踏み分け、

ギア-チェンジしながら走る抜ける

爽快感を味わっていました。

今は、自然に触れる爽快感を求め

のんびりと走り抜けています。

人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック

« リコール | トップページ | 講習会依頼(魔法の手法) »

コメント

新潟の冬道でそんな思い出があったのですか。危なかったですね。でも良かった。
気持ちに余裕を持ってするドライブは、自然を感じられ、爽やかで楽しいですね。
私もそんなドライブを誰かとしたいですが。

コスモ先生

西日本は、北海道に住んでいる私に
とっては未知の世界です。
お陰さまで雪道運転だけは得意です。

新潟での体験は大変でしたね
ご無事で何よりです
くれぐれも安全運転で♪

sonataさん
ドライブしながらの森林浴は爽やかですね。

嶋田先生
新潟での雪道教訓が生きてます。

ひろ♪さん
ハイ!安全運転を心がけます。

コスモさん、こんにちは♪
大阪の土日の道ばかり走っている私にはこういう山道は恐怖です(;´Д`)
雪なんてとんでもない。降ってると思っただけでパニックです(;´Д`)
ある程度、運転能力がないと自然も楽しめそうにありませんね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山道を走る:

« リコール | トップページ | 講習会依頼(魔法の手法) »