« 公平な競争 2 | トップページ | 公平な競争 4 »

2009年5月27日 (水)

公平な競争 3

メールの質問に。

「どんな勉強方法をされましたか」

答えは、単純明快です。

独学です。

私が宅建に挑戦した時も独学です。

半年間、部屋にこもっての勉強でした。

行政書士に挑戦した時も独学です。

質問の勉強法。

朝6時起床

ウオーキング1時間から勉強を開始。

ICレコーダーを聴きながらのウオーキング。

テキストをICレコーダーに読んで吹き込み

これを聴く。

移動時間・ランチタイム・待ち時間の合間と

常に聴いていました。

基礎部分は「読む・聴く」で克服したわけです。

「読み・聴く」ことで、

いささか難解な法律用語に慣れる事ができます。

帰宅すると1時間半のウオーキング。

陸上競技場のコースでのウオーキングですから

少々、ぶつぶつ言っていても気にならない。

何をぶつぶつ言っているかと言えば、

ICレコーダーに吹き込んだ憲法・行政法の

条文を聴きながら、ICレコーダーを止め、

条文を諳(そら)んじる。

曖昧な箇所はICレコーダーを巻き戻して

聴き直す。

これを毎朝・毎晩反復継続していた。

そして、

9時から机に向かい問題集を解く。

1問3分。

解けなければ次の問題に進む。

一冊の問題集を繰り返し反復継続する。

だ・か・ら

マーカーは絶対に使わない。

反復継続するから、マーカーでわざわざ

読みづらくするなど具の骨頂。

午前1時まで机に向かう。

1時から司法試験短答式過去問題集を

睡眠薬かわりに解く。

いつのまにか深い眠りに陥っています。

仕事以外の思考の全てを行政書士試験に

割く。

1年間これを反復継続して試験に挑みました。

人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック

« 公平な競争 2 | トップページ | 公平な競争 4 »

コメント

コスモさん、こんにちは♪
お仕事を続けながらのお勉強だったのですね。
反復継続。簡単なようで難しい。
コスモさんの根性を感じます。
私もまだまだ何かが出来そうな気がしてきました。
さて、何が出来るかな? (^◇^;

コスモ先生

お仕事をされながら、合格率4%台の難関を
突破された先生には頭がさがります。
私の時の合格率は13%近くで、その時私は
無職で時間が有り余っておりました。

すばらしい集中力ですね
わたしにはまねできそうにないです

あばたさん
ひとつだけ、これだ!を探すといいですよ。

嶋田先生
短期必勝
長期戦は持続力が持ちません。

ひろ♪さん
反復継続は単調だけど、一歩づつ進めます。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公平な競争 3:

« 公平な競争 2 | トップページ | 公平な競争 4 »