« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

教え教わる

今夜は宅建資格試験の寺子屋です。

私が講師を勤めています。

「教えることは教わること」

私自身も反復継続することで勉強になります。

ですから楽しいですね。

私の持論ですが、

反復継続して読む。

勉強方法はこれ以外にあり得ない

と思っています。

人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック



                 
          ビジネス系ブログ情報クリック→ 社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

2009年3月30日 (月)

勉強会

今夜は勉強会です。

国際業務班に所属しています。

「入国管理法」ですね。

入国管理法改正()が今国会に

提出されます。

主な改正案

1.            在留カード

外国人登録証明書を廃止

1.            在留期間上限を3年から5年に延長

1.            研修・技能実習制度」の改善に伴い

「技能実習」の在留資格を新設

新制度は成立後3年以内、技能実習は1年以内

に施行される予定です。

在留カード

これまで市町村で発行されていた

外国人登録証明書を廃止し、入国管理局に

おいて在留カードを以って一元管理するのが

法案の主旨です。

3ケ月以上滞在する外国人すべてが対象です。

今夜もしっかりと勉強してきます。

人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック



                 
          ビジネス系ブログ情報クリック→ 社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

2009年3月29日 (日)

見守り新鮮情報55

見守り新鮮情報第55号

(国民消費者センター)

総務省をかたって不必要な地デジ用部品代を請求

九州・沖縄地方

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「総務省推進事務局」と書かれた名刺を持った男が、

一人暮らしの認知症の

姉の自宅へ訪問し、

「地上デジタル放送を見られるようにする」

とテレビを点検した。

姉はプラグ交換が必要と言われ、

訳がわからないまま約3万円を支払ったようだ。

地上デジタルテレビ放送が視聴できる状況に

なっていたため、必要のないものだった

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(55号より抜粋)

みなさん 気をつけましょう。

経済産業省からの注意勧告として。

中小企業の皆さんへ

勧誘、斡旋の手口は、

中小企業倒産防止共済(経営セーフティ共済)や

緊急保証制度の利用のお手伝いをするといった、

FAX,ダイレクトメールなどが送りつけられて

いませんか?

貸付や保証を受けるためには、

会員になる必要が

あると思わせ、

入会金・年会費や保証料などを振り込ませる

と言う事例が発生しています。

又、

中小企業に関係した組合に加入すれば有利な

資産運用ができます。など、不審な勧誘をする

事例も出ています。

気をつけましょう。

人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック



                 
          ビジネス系ブログ情報クリック→ 社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

2009年3月28日 (土)

行きは汽車、帰りは?

研修会へ行って来ました。

久しぶりに汽車に揺られて1時間30分。

車でなく汽車で??

謎は後で解けます。

課題は、

「経営承継円滑化法」

平成20年10月よりスタート。

法の要点でした。

さらに、平成21年3月1日から

スタートする、

遺留分に係る民法特例でした。

私は許認可業務実績ゼロです。

研修を受け、

この分野への足がかりが掴めました。

そうですね!

遺留分に係る民法特例です。

研修会の後、居酒屋での懇親会。

先生方との談笑も楽しかった。

懇親会が始まってから、

10円タクシーをコールしました。

これで呑めます!

お湯割り焼酎をクイ~っと呑んで

料理を食べて、話にわっはっは~~。

宴会が終わり駅へ向かう。

10円タクシーが待ってまいした。

人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリックビジネス系ブログ情報



                 
          クリック→ 社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

2009年3月27日 (金)

楽しんできます

今日は研修会に行きます。

課題は、

「許認可業務から見た事業承継」

研修時間は1時から5時までの4時間。

私は許認可業務実績ゼロです。

実績ゼロだからこそ、

積極的に研修会へ参加します。

今、建設業は冬の時代です。

冬の時代だからこそ、

勉強するタイミングだと思っています。

研修会の後の、懇親会にも参加します。

他の先生方との談笑も楽しみの一つですね。

それでは、

研修会と懇親会を楽しんできます。

人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリックビジネス系ブログ情報



                 
          クリック→ 社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

2009年3月26日 (木)

不動産任意売却促進法案

不動産任意売却促進法案が国会の場へ。

裁判所による「競売」でなく、所有者の意思で

「任意」に売却し得る法案です。

あれ???と思われたでしょうね。

わかりやすく、仮想事例で解説します。

金融機関に借金を申し込めば、担保として

不動産に抵当権をつけますね。

その結果、以下のようになったとします。

A金融機関が1番抵当。

B金融機関が2番抵当。

C金融機関が3番抵当。

返済が滞り、結果として

競売にかけられた場合、

Aは幾分か回収しえますが、BとCは

回収しえないケースが実情です。

「任意売却」の場合、

Aには回収の見込みが大きくなります。

BとCには回収は見込めません。

そこで、BとCは、抵当権抹消に応じる

見返りに(判子賃)を求めます。

BとC、

競売では回収金ゼロ円の可能性だけですが

任意売却では(判子賃)としてゼロ円から

抜け出せます。

しかし、(判子賃)の金額の折り合いがつかない。

(判子賃)としての相場はあることはあるが、

「駆け引き」であり、「腹の探り合い」である。

そこで、編み出されたのが、

不動産任意売却促進法案なるものです。

法案によれば、

仮想事例から、

所有者が買い手を見つけ、

1番抵当権の金融機関へ売却金額の提示をし、

金融機関がこれに応じたとします。

1番抵当権の金融機関は裁判所へ2・3番の

抵当権抹消を求めます。

2・3番の抵当権者がこれに反対の場合、1ケ月以内に、

①競売手続をとる(競売の申し立てをしない)

②提示額に5%上乗せした新たな買い手をみつける。

いずれかを選択しなければならない。

結果的に、

競売の時間的ロスが解消されますよ。

でもでも、

隠れた問題の根は深いと思いますね。

人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック



                 
          ビジネス系ブログ情報クリック→ 社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

2009年3月25日 (水)

午前8時27分

それは昨日の事だった。

時計の針は午前8時27分。

駐車場に車を止めて、

自動ドアを開ける。

目的の部屋に真っ直ぐ歩いて行く。

ちょいと!ちょいと~!

私は振り向く。

男は、

私が歩いて行く方を指さして、

そちらに行く・の・で・す・か?

私は、思わず男に言った。

私、不審者に見えた?

男は、

あの~ その~ いえ・・いえ・・・

私は、見えたのでしょ。不審者に。と笑う。

男の正体は、警察官。

自動ドアを開けて入った建物は警察署。

ホールに入ったとき、

警察官達は部屋の窓から

一斉に私の方を見ていたからな~

でも、私って不審者に見える?

見えたかも?

昨日の服装は、

皮ジャンにジーンズのシャツ。

手には皮の鞄。

靴はウオーキングシューズ。

でもでも、これって、

不審者ファッション?????

え~????

服装でなく、顔が怪しかった??

そうかも・な~???

朝一での、車庫証明届け。

印紙を購入するため、

建物内の交通安全協会へ

真っ直ぐ歩いていたときの一コマでした。

人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック



                 
          ビジネス系ブログ情報クリック→ 社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

2009年3月24日 (火)

素晴らしき人に乾杯!

素晴らしき人!

その方は、

社会的には高齢者と呼ばれる年齢の方ですが、

お会いできた事が嬉しい!

「団塊の世代の挑戦」として、講演依頼を受け

お話をさせて頂きました。

講演後の懇親会でその方と酒を呑みながらの談笑。

先生 私、何歳に見えますか?

目が生き生きとしていらっしゃる。

そうですね。66~7歳でしょうか?

アッハッハ~~と笑いながら73歳です。

先生は「挑戦を始めた時が青春」と言われましたよね。

思わず、そうだ!と頷きましたよ。

酒を呑みながら話が弾む。

定年退職され、定年後をどう暮らすか?

と考えたとき、農業だ!

それから農業を始められたそうです。

時代の流れからすれば逆行していますがね。

と笑いながら語られる。

農協とのしがらみもないから、

作った作物は直接、消費者へ。

サラリーマン時代の営業を生かして、

一軒一軒お得意先を確保されたそうです。

これからの夢は、

作物を加工して付加価値をつける。

付加価値をつけ、

さらに、料理店を創り、新鮮な食材を使った

料理を出したい。

夢を熱く語られる73歳。

背筋も伸び、目も生き生きとしていらっしゃる。

この方は、

農家でなく、お百姓さんでもない。

まさに現役の農業マンですね。

挑戦する事に年齢は関係ありません。

夢を持ち、挑戦する。

そこには、挑戦する青春があります。

素晴らしき人に乾杯!

人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック



                 
          ビジネス系ブログ情報クリック→ 社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

2009年3月23日 (月)

代理コピーはダメ!?

高齢者の方は、

涙を浮かべながら怒りと諦めの声で。

先生 聴いてください。

給付金の知らせが市役所から届きました。

それは良かったですね。

高齢者の方は足が悪く市役所へ受け取りに

行けない。

そこで、市役所へ電話したそうです。

金融機関の口座へ振り込みますので手続きを

してください。との回答。

口座振込みですね。

その手続きにおいて。

市役所は、

本人確認のために、運転免許・パスポート・

年金手帳・国民保険証をコピーしてください。

金融機関の預金通帳もコピーしてください。

印鑑は銀行印を押してください。

通帳の印鑑であるか否か確認します。

書類一式を市役所へ郵送してください。

高齢者の方は、

コピー機なんて持っていません。

と告げたそうです。

すると、市役所は、

近くの公民館でコピーしてください。

高齢者の方が

公民館まで歩けないのです。

誰かにコピーを頼んではいけませんか?

と告げれば、

代理でのコピーはダメです。

では、どうすれば?

身内の方の車に乗せてもらってください。

一人暮らしですから身内はいません。

私はどうしたらいいのですか?

それなら、市役所へ直接受け取りにきてください。

公民館すら歩いて行けないのに、市役所までは

とても無理です。

私はどうすればいいのですか?

受け答えした市役所の人。

私にはどうすることもできません。

高齢者の方は、

怒りとも諦めともつかない涙声で語られた。

代理でのコピーはダメ。

妙なお役所論理。

矛盾した論理を高齢者に押し付けている。

給付金を受け取りたくても、

受け取れない高齢者の方々がいる。

これも現実なのです。

高齢者には冷たい行政ですね。

人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック



                 
          ビジネス系ブログ情報クリック→ 社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

2009年3月22日 (日)

取立て

滞納分は定額給付金で支払え。

支払わなければ、口座に振り込まれた時点で

給付金を差し押さえる。

なんとも凄まじい取立てです。

行政が税を滞納した方々へ送りつけた取立書。

総務省もさすがに、この取立てに呆れ、

「給付金の趣旨に反する」と警告したそうです。

これを受けた行政は、

取立てを取り消し、

さらに、「差し押さえ」は実施する気はなかったが

「表現」が不適切だった。と述べています。

行政の「差し押さえ」に対する認識に唖然とさせられた。

滞納者に与える「差し押さえ」は計り知れないドン底である。

現実に税の滞納では「差し押さえ」が行われている。

差し押さえるぞ!と言われれば、

勝手にしやがれ!と居直るか、

あわわ~~~っと怯え震えるか。のいずれか。

本心は差し押さえる気などない。

逆に言えば

「差し押さえ」を恫喝の如く使ったことになる。

とことん追い込みをかける手口は悪徳金融さながら

ですね。

人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック



                 
          ビジネス系ブログ情報クリック→ 社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

2009年3月21日 (土)

競売物件 3

バブル期に起こった悲惨な事件。

競売物件を落札した男が、

前所有者へ明け渡しを求めた。

しかし、

何度、明渡しを求めても拒否された。

男は刃物を持って押しかけ、一家を惨殺した。

一人の子だけ難を逃れたが。

判決は死刑。

男の刑はすでに執行されています。

事件の背景は、

世はバブルに踊る。

男は競売物件を落札し、落札した物件を

転売にかけた。

売買は成立し、男は多額の「さや」を得る

はずであった。

買主と交わした決済及び引渡し時期が迫る。

しかし、明渡し交渉は難航し続けた。

時期が到来すれば、男は「多額のさや」を

得るどころか、逆に、多額の「倍返し」に

陥り、負債で追い込みをかけられる。

焦った男の行動が一家惨殺。

明渡し交渉が不調ならば、明渡し訴訟を経て

強制執行の手続きを踏まなければならない。

これが法のルールでる。

男が冷静に状況判断できれば

事件は起こらなかったはず。

一家も置かれた状況を冷静に判断しえれば。

しかし、

男も一家も精神的に追い込まれ

ズタズタになっていたはず。

一家は被害者である。

しかし、男を追い込んだ加害者でもある。

男は加害者である。

しかし、一家に追い込まれた被害者でもある。

バブルに踊り転売での利ざやに翻弄された男。

競売で落札しても、

前所有者が落札後に占有し続ける危険性は予想しえる事態。

任意での明渡し交渉が不調ならば

法的手続きを踏まなければならない。

裁判員制度の中で、こうした事件に立ち会ったとき、

私はどのように法廷の声を聴くのだろう?

人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリックビジネス系ブログ情報



                 
          クリック→ 社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

2009年3月20日 (金)

競売物件 2

以前、競売物件に関わったことがあります。

明渡し訴訟の末、強制執行となる。

執行官と建物内に入る。

最後の朝食をとられたのか、

炊飯器のごはんが温かい。

味噌汁の鍋も温かい。

しかし、室内は散乱状態。

金銭的に追い込まれ身も心も

ズタズタになられた過程がそこに

浮かび上がっていました。

襖には墨でなぐり書きされた文字。

怨念!地獄!等々の文字。

一家団欒のマイホーム。

無理な資金計画をした結果だと、

言い切れるものではありません。

淡々と事務的に荷物を片付ける。

箱にナンバーを書きタンスの引き出しを

開け衣類等々を入れる。

執行官がタンスの位置をずらす。

仏壇には触れたくない。

それでも、執行官は無表情に仏壇をずらす。

感情を入れればとても作業などできない。

片付けられた荷物は競売にかけられる。

一山いくら!の世界です。

落札されなければゴミとして処分。

競売物件は安い。

安いから買う。

市場経済の原理です。

しかし、

競売物件には追い込まれた人間の喘ぎと無念さが

残っています。

そんな事は迷信だ!と割り切れるか否かは

落札者の判断ですね。

そして、

落札した土地・建物をいたわる心も必要だと思う。

人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック



                 
          ビジネス系ブログ情報クリック→ 社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

2009年3月19日 (木)

競売物件

私の事務所(不動産)では競売物件を扱いません。

理由は、単純明快です。

所有者の協力が得られないからです。

境界確認においもしかり。

明渡しにおいてもしかり。

裁判所は境界確認をしません。

ですから、

境界トラブルは別件訴訟となります。

明渡しもしません。

ですから。

明渡し訴訟となります。

競売物件は安い。

安いから飛びつく。

そこには、隠れた落とし穴も潜んでいます。

物置小屋に所有者の動産物があれば、

勝手に処分できません。

動産物処理のための訴訟となります。

ゴタゴタが面倒だから扱わないのではありません。

「裁判所から買った」

だ・か・ら

「安心して買った」

この意識が消費者の側にあるからです。

裁判所は売主でもありません。

裁判所は仲介業者でもありません。

だ・か・ら

裁判所には瑕疵担保責任もありません。

すべて競落者の自己責任ですね。

人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック



                 
          ビジネス系ブログ情報クリック→ 社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

2009年3月18日 (水)

武士の商法?

見守り新鮮情報54号

国民生活センターより

市役所職員を名乗り、
「定額給付金の給付手続き」とATMへ誘導。
後を絶たない振り込め詐欺。

みなさん 気をつけましょう!

自治体によっては、

定額給付金を使ってもらって地域活性化へ。

そのため、プレミア付商品券を販売している。

私の住む町でも、2000円分のプレミア付商品券

を販売するそうです。

ところが、商品券の印刷に関して入札をしたら、

応札業者がゼロだった。

理由は、商品券用の偽装されにくい紙が

入手困難とか。

入札を取りやめ、紙を早期確保できる業者との

随意契約に切り替えたそうです。

なんともお粗末な行政です。

商品券を組織的にまとめ買いされる危険性もある。

この危険性に対して、

行政は市民のモラルを信じる。そうです。

1枚2000円として1000枚で2000万円。

この2000万円は税金なのですよね。

逆に、

プレミア付商品券が完売となるのかも疑問?

大量に売れ残ったらどうなるのでしょうね?

5億円のプレミア費用は武士の商法だと思う。

人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック



                 
          ビジネス系ブログ情報クリック→ 社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

2009年3月17日 (火)

高齢者に冷たい行政

市役所でのこと。

窓口で何やら揉めている。

高齢者の方を見たら知り合いさんでした。

御夫妻はロビーの椅子に座ってため息。

どうされました?

先生 助かった!

私の顔を見て、高齢者の方は安堵の表情。

聞けば

印鑑登録手続きに来たけど拒否された。

え~っ?!拒否?!

事前に電話で手続きに必要な書類等を確認して

きたけど、ダメ!だと断られそうです。

一緒に窓口へ行きましょう。

窓口

運転免許証があれば登録受理します。

私、

本人確認で健康保険証・国民年金手帳を提示されています。

窓口

 パスポート・住基カードがあれば受理します。

高齢者の方は、涙声で、

外国旅行なんてしたことありません!

住基カードってなんですか!

この方は事前に電話確認して指示された

書類を持参されていますよね。

窓口

運転免許証があれば。

高齢者の方

運転免許証はない!と申し上げています!

ですから、事前に電話で確認したのです。

こりゃ~ダメだ。

私、 

あのね。

ご本人がそちらの指示に従った書類を持参して

申請されているのですよ。

とりあえず、印鑑登録の申請は受理してあげなさい。

そして、受理証明を出してあげてください。

受理証明?そんなの出した事がありません。

あのね。登録申請用紙をコピーして、

余白に市役所印をポンと押せば、それが受理証明。

前例がありません・・・・・

窓口君、奥に引っ込んで、なにやらボソボソと話している。

しばらくして、登録は受理します。受理証明も出します。

しかし、交付は後日になります。

私、それでいいのです。

本人確認のために、間違いないか郵送で書類を送り、

本人が間違いない旨を署名捺印し、書類を持参して

窓口に出す。そこで印鑑証明が交付される。

印鑑登録した日付入り受理証明を公的機関に提出し、

仮の印鑑証明として代用する。

後日、印鑑証明を提出すればいいのです。

高齢者の方から、

かくかくしかじかでと、受理証明を提出したら

先生の言われた通り受け付けて頂きました。

有難うございます。との連絡を頂きました。

私もお役に立てて良かったです。

それにしても、

行政の窓口は高齢者に冷たいですね。

人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリックビジネス系ブログ情報



                 
          クリック→ 社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

2009年3月16日 (月)

今日の予定

今日は午前の部と午後の部の2回、

公証人役場へ行きます。

打ち合わせを繰り返しながら原案を作成しました。

午前の部は、

私と補助者が立会人となります。

午後の部では、

突発的なトラブルが起きました。

当事者の一方、お知り合いの方が亡くなり、

葬儀と時間が重なってしまいました。

原案は、当事者双方の方々と読み直しと確認を

取っていますから問題はありません。

公証人から公正証書を読みながらの再確認と

署名捺印で終了するはずです。

幸いに、午後1番ですから、

公証人の先生のランチタイムを少しだけ

削って頂きます。

午後の部が終わったら、急いで事務所に

戻り、予約面談に取り掛かります。

人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック



                 
          ビジネス系ブログ情報クリック→ 社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

2009年3月15日 (日)

登記上所有者は所有権者か?

登記上所有者は所有権者か?

新築住宅における鍵の引渡し問題。

建築業者は残金決済前において

ユーザーへ鍵を渡す事をためらいます。

「所有権移転」が絡んでいるからですね。

そこで、

引渡し前の新築住宅は誰の所有権?

特約が無い限り、原則として、

支払い前は建築業者に所有権があります。

そこで、実務上、

ユーザーは引渡し前に新築住宅へ住所移転をし、

建物の表示登記と保存登記をします。

保存登記を以って、

金融機関から融資実行を受け、建築業者へ

支払います。

建築業者は鍵を引き渡し、所有権を移転します。

金融機関は抵当権設定登記をします。

おや?と

思われた方々もいらっしゃるでしょうね。

保存登記=所有権では?

なるほど登記上はユーザーですね。

しかし、これはあくまでも登記上の所有者で

あり、実質の所有権者か否かは別問題です。

みなさん 意味不明?と悩まれたでしょう。

登記はあくまでも(推定)なのですね。

わかりやすい言葉で言えば、

「所有者であろう」なのです。

事例で説明すると

農地は農地法の手続きを経なければ所有権

移転登記はできません。

しかし、

農地を(買った・売った)は当事者間で成立しています。

所有権は買った人にありますね。

では、登記簿を見てください。

そうですね。

所有者は売主の名前で記載されていますね。

なんとなく??ですか?

では、いまひとつの事例で

あなたのお父さん(お母さん)が亡くなり、

お父さん(お母さん)名義の家を

あなたが相続したとします。

相続したのですから、

家はあなたに所有権がありますよね。

しかし、

あなたは相続を原因とする登記手続きを

忘れていたとします。

では、登記簿を見てください。

登記簿上は、お父さん(お母さん)の名前に

なっていますね。

人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック



                 
          ビジネス系ブログ情報クリック→ 社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

2009年3月14日 (土)

教わることの楽しさ

今日は研修会へ行きます。

課題は、

「財務諸表作成のポイント」と

「建設業許認可及び経営事項審査のポイントと改正点」です。

この研修会は前半と後半の2日間となります。

行政書士の業務に許認可申請があります。

建設業・宅建業の新規・変更等々の場面に

おける申請業務ですね。

私、建設業許認可の業務実績はありません。

尤も、

宅建業ですから宅建の申請は何度もやっています。

建設業許認可は実績ゼロですから研修会が楽しみです。

知らない事を教えて頂ける。

嬉しいですよね。

電卓持参ですから、より実務に沿った研修会でしょう。

それだけに楽しみです。

今日は補助者も同行します。

宅建業も冬の時代ですが、

建設業も同様に冬の時代ですね。

倒産に追い込まれ業者数は減っています。

だ・か・ら

今の時期にこの分野を研鑽する。

冬の後には必ず春が来ます。

人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリックビジネス系ブログ情報



                 
          クリック→ 社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

2009年3月13日 (金)

崩壊させられた夢 2

「崩壊させられた夢」の反響の大きさに

事態の深刻さを感じます。

基礎段階でほぼ全額の融資が実行される

不可解さ。

それでは、

何故、不可解なのか?

マイホームローンは金融機関との

金銭消費貸借です。

金融機関は融資する担保として

マイホーム(建物)に抵当権を設定します。

一般的には、

土地・建物の共同担保となりますね。

一般論と前置きをして。

融資と抵当権設定は同時となります。

実際の取引場面では、

金融機関へユーザー・建築業者・司法書士が

出向きます。

ユーザーは金融機関から融資金額を受け取ります。

(実務的にはユーザーが建築業者の口座へ振り込む)

金融機関は司法書士へ抵当権設定の書類を渡します。

司法書士は取引当日に法務局へ抵当権設定登記申請

をします。

これで、

融資実行日と抵当権設定日が同日となるわけです。

これが同時設定の流れです。

だ・か・ら

基礎段階では建物そのものが存在しない。

存在しない物(ブツ)に抵当権は設定できない。

では、何故、

金融機関は存在しない物(ブツ)に融資しえたのか?

存在しない建物(ブツ)に、

金融機関は金銭消費貸借契約の保証としての

担保を取ることができない。

無担保融資となってしまう。

この点が不可解と思うのですね。

そして、

ここが「崩壊させられた夢」の疑問点だと思います。

人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック



                 
          ビジネス系ブログ情報クリック→ 社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

2009年3月12日 (木)

崩壊させられた夢

建築途中で建築業者が倒産。

残ったのはマイホームローン。

悲惨なニュースです。

この問題を考えてみた。

不可解な契約と支払い方法が浮かび上がる。

いわゆる(3分の1)ですね。

契約時3分の1

棟上時3分の1

完成時3分の1

ところが、

基礎工事の段階でほぼ全額支払い。

測量段階で3分の1支払い。

この支払い方法は疑問だらけ。

建築主は業者の言われるままに支払った。

その支払い方法が、日付抜きで金額のみ。

業者は日付を入れ金融機関から引き出していた。

これでは、基礎段階で全額回収されてしまう。

日付抜きは白紙委任状だとしても。

しかし、これは奇妙である。

建築主は金融機関とマイホームローン(金銭消費貸借契約)

を締結する。

契約時・棟上時での支払いは「つなぎ融資」で支払われる

事が一般的。

さらに、

ほぼ全額(残金金額を見る限り保証料・手数料等相当額)

の支払いとなると理解不能です。

何故ならば、

金銭消費貸借契約に基づき、金融機関は抵当権を設定する。

しかし、

基礎工事段階では抵当権設定そのものができない。

何故ならば、抵当権設定の為の建物が存在しないのである。

一般的と前置きして。

マイホームが完成すると、

ユーザーはマイホームに住所移転し、

マイホームの住所で建物の表示登記・保存登記をする。

この保存登記を以って、金融機関は抵当権を設定する。

これが一般的であり原則ですね。

だ・か・ら

抵当権設定が不能であるにも関わらず金融機関が

全額融資(ほぼ全額)する不可解さに妙だなと思う。

ニュース等ではこの不可解さが指摘されない。

この問題の根は深いかもしれませんね。

人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリックビジネス系ブログ情報



                 
         
クリック→ 社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

2009年3月11日 (水)

刑事告訴

ゼロゼロ物件

東京で初の刑事告訴となった。

無断で室内に入り、

荷物を撤去処分する行為。

これで、

民事訴訟と刑事告訴となった。

告訴とは?

簡単に言えば、

私は誰々からこんな不法行為を受けたから

刑事処分を求めます。

では、告発とは?

こんな事件があります。

警察で調べてください。

告訴と告発の相違点は?

「刑事処分を求める」か、否かです。

民事では、

「旋錠行為は占有権の侵害」と

福岡地裁は不法と断定していますよね。

人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリックビジネス系ブログ情報



                 
          クリック→ 社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

2009年3月10日 (火)

暖簾

2009030918470000

昨夜は仕事を終え、

ふら~っと、暖簾を潜る。

女将さんの手料理が美味い!

お湯割り焼酎をクイ~っと呑めば美味い!

疲れがとれますよね。

正月明けからノンストップで走り続けて来た。

5月のゴールデンウイークまではノンストップです。

ゴールデンウイーク後は8月のお盆まで

やはり、ノンストップです。

労働基準監督法違反?

いえいえ、

自営業である限りやむを得ませんね。

ですから、

健康管理は自己責任です。

だから

ふら~っと暖簾をわけて呑む酒が美味い!

人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリックビジネス系ブログ情報



                 
          クリック→ 社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

2009年3月 9日 (月)

魅力に負ける

ETC

3月12日より5250円の補助金の申し込みが

始まります。

面白いのが。

・・・・・・・・・

ただし

車載器を短期間で手放すことを防ぐため、

費用から補助額を引いた額を2年以上、

2回以上の分割で支払うことなどを条件とする

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありゃ???

これって、割賦販売???

そこで、特定商品に関する法律を調べてみた。

指定された商品

別表第一

二十七 乗用自動車及び自動二輪車(原動機付自転車を含む。)

並びにこれらの部品及び附属品

なるほど!

だ・か・ら

「取扱店」が特定さているのか!

だ・か・ら

取扱店へ行かねばならないのか。

だ・か・ら

申し込みと言っても、

簡単なアンケートに答えるだけなのか。

そこで、一歩、踏み込んで考えてみた。

休日1000円はETC搭載車のみ。

ETC未搭載車は通常料金。

何故?

ETCで高笑いするのは誰???

と、わかっていても、

休日1000円の魅力に負ける私。

人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック



                 
          ビジネス系ブログ情報クリック→ 社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

2009年3月 8日 (日)

講師依頼

先週もたくさんのメール・応援クリックを

有難うございました。

宅建業の会社から講演依頼を受けました。

ブログの「外国人と賃貸借」を読まれ、

入居申込の注意点について教えて

下さい。との依頼内容でした。

「外国人と賃貸借」の講演はこれで

2度目です。

前回は、

マンションオーナーさん向けでしたが、

今回は、宅建業者向けとなります。

不法在留・不法滞在の確認方法とは?

また、言葉は慎重に。

外国の方から、

入居出来ますか?と質問され、

「大丈夫だと思います」

この「だと思います」はダメ!

なぜなら、

「だと思います」には、

「だと・・・・思います」の「・・・・」が

あり、この「・・・・」は「ノー」も含んでいます。

相手は、「大丈夫だと思います」の「大丈夫」を

以って「イエス」と受け取ります。

入居できますか?

「イエス」「ノー」は明瞭に。

人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリックビジネス系ブログ情報



                 
          クリック→ 社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

2009年3月 7日 (土)

たまご酒

昨日、

大学の前を通ったら校舎の玄関前の

雛壇に、ずら~っと並んだ背広姿と袴姿。

手には花束。

カメラの後方には父兄さん達。

卒業記念写真の風景ですね。

私は入学式も卒業式も出なかった。

風景を見ながら、

今、思うと、

出てれば良かったかな?

夕方、

身体がだるい。

寒気がする。

額に手を当ててみた。

熱???

女将さんの店に寄って、

帰るつもりでしたが、

まっすぐ帰宅した。

たまご酒をクイ~っと呑んで

眠る。

10時間眠った。

今朝、悪寒はない。

今夜は、ジムで汗を流します。

人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック



                 
          ビジネス系ブログ情報クリック→ 社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

2009年3月 6日 (金)

タイムミス

今日は時間との戦いになりそうです。

アポタイムのダブルミス。

原因は、

システム手帳と事務所の連絡簿の記入ミス。

さらに、

打ち合わせ場所の30分差。

移動距離を考えると不可能なタイム。

初歩的ミスですね。

ダブルミスの方はなんとか調整できそうですが

30分差はいかんともし難い。

さらに、

開いた時間を出来るだけ使って打ち合わせ。

こちらは、アポを入れてなかったから

なんとかなりそうです。

30分差は、なんとか30分調整させて

頂き、まずは ほっ!

今日は、出来るだけ要点を纏め、

時間を詰めながら乗り切らねば。

人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック



                 
          ビジネス系ブログ情報クリック→ 社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

2009年3月 5日 (木)

ETC

3月28日から、

高速道路料が休日には1000円。

但し、ETC搭載車のみ。

では、

私のようにETCを搭載していない

場合はどうなるか?

通常の料金となる。

そこで、国は未搭載者に対して

ETCの補助金を出す。

では?

補助金の金額は?

5250円。

但し、

補助金の導入時期については未定。

(平成20年度内の見込み)

しかし、

ETC搭載を考えている方は、

ETCカードが必要ですから、

カードの準備だけは早めに

しておいた方がいいですね。

人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリックビジネス系ブログ情報



                 
         
クリック→ 社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

2009年3月 4日 (水)

不思議な法

不思議な法

定額給付金法案

総理&閣僚

受け取るか?

受け取らないか?

みんなで受け取れば怖くない。

国会って何?

定額給付金法(案)であって、

今は、「定額給付金法」でない。

それでも、

自治体は(案)を「法」として

動き出している。

空論

ホームレスさん達

俺達には住所がないからな~

行政マン

住所登録して頂ければ支給します。

かみ合わないですね。

住所が無ければ法の網の外。

不可解なり!

人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック



                 
          ビジネス系ブログ情報クリック→ 社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

2009年3月 3日 (火)

雪が降る

Sh0053

昨日は寒かった!

冬に逆戻りした風の冷たさ。

ぶるぶる~っと、震えました。

こんな日は外に出たくない。

確率的ですが、

3月1・2日に雪が降る率が高い。

雪は降っていないが、

降りそうな空模様と寒さ。

早めに帰宅して、

熱いお湯割り焼酎をクイ~っと

呑みました。

そして、

今朝、

やはり雪が降り始めました。

人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック



                 
          ビジネス系ブログ情報クリック→ 社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

2009年3月 2日 (月)

相談員

200902281006000

昨日は

無料相談会での、

相談員初デビューをしてきました。

担当は国際業務。

相談メモ用紙にメモしながら

相手の話をきちんと聞く。

これが全ての始まりですよね。

時間に終わって、

ホッ!

事務所での対応と違って、

いささか緊張しました。

夜は、

お湯割り焼酎を呑む。

美味いっす!

人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリックビジネス系ブログ情報



                 
          クリック→ 社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

2009年3月 1日 (日)

無料相談会

2008080117510000_2

今日は、

米子市男女共同参画センター“かぷりあ”

第5回かぷりあ祭です。

鳥取県行政書士会は

無料相談会として参加しています。

私は相談員の一人として参加します。

私の担当部門は国際業務です。

「入管」ですね。

主に外国の方々の相談となりますが、

日本人からの相談も考えられますよね。

外国の方を雇用して良いか否か。

公的に根拠となるべき書類とは?

場合によっては、不法就労助長罪に

問われかねません。

また、

雇用した場合の届出先は?

これまで記載してきましたが、

「外国人と賃貸借」の問題も考えられますね。

今日は、

どんな方々が相談に来られるのでしょうね。

そして、

どんな相談を受けるのでしょうね。

但し、

行政書士には守秘義務がありますので、

報告的な記載できません。

では、行ってきます。

久しぶりに、

背広にネクタイを締めた私です。

似合わない???

人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック

ビジネス系ブログ情報

クリック→ 社長 経営者 ビジネス系ブログ情報





                 
         

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

無料ブログはココログ

コスモ興産・秋久行政書士事務所 0859-32-5723

  • 2009100309030000
    不動産のコスモ興産 秋久行政書士事務所

最近のトラックバック