« 住宅購入時期 3 | トップページ | 住宅購入時期 5 »

2009年1月29日 (木)

住宅購入時期 4

2009012808070000

住宅瑕疵担保履行法とは?

躯体(くたい)に瑕疵があった場合、

売主が倒産しても、

消費者が救済される制度です。

ここでの売主は限定されます。

建築業者あるいは、宅地建物取引業者

です。

品確法の(売主)とは違う事に留意してください。

つまり、

住宅を消費者から受注した建築業者であり、

宅地建物取引業者が建築業者に発注して

その住宅を販売する宅地建物取引業者です。

品確法同様に、住宅は新築住宅が対象です。

では、新築住宅とは?

建築後1年以内のもので、かつ、使用された

ことのない住宅です。

賃貸借住宅(戸建・マンション・アパート等)も

住宅瑕疵担保履行法の対象となります。

そして、履行法は10月1日より施行されます。

では、いかなる救済方法となるのか?

次回へ

人気ランキング⇒にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ←応援のクリック


こちらも応援お願いします⇒人気ブログランキング←クリック



                   
          社長 経営者 ビジネス系ブログ情報クリック→ 社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

« 住宅購入時期 3 | トップページ | 住宅購入時期 5 »

コメント

コスモさん、おはようございます♪
答は明日にって昨日言ってたのに~。また続きがある(笑)お馬鹿な私にはこれくらいゆっくり教えてもらった方が頭に入るから助かります(^^)
品確法の売主とこの場合の売主が異なるのですね。こういうところに目を付けて悪いことを考える人が出てきそう。法律ってもっと素人にも解り易いものにしてほしいなと思ったりします。

フムフムフム。。。次回は?

あばたさん
○悪いことを考える人が出てきそう

 鋭い!

さくらえびさん
そ~なんです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 住宅購入時期 4:

« 住宅購入時期 3 | トップページ | 住宅購入時期 5 »