« ちょっと休憩 広島 | トップページ | 公と民 »

2008年10月27日 (月)

3分間スピーチ

昨日は、

「高齢者居住法 高齢者住宅諸問題」の

講師として研修会に行って来ました。

研修先は建築会社でした。

一泊ニ日の社員研修の一つとして

2日目の午後から2時間の研修を

受け持ちました。

社員研修で楽しかったのは、

午前中でした。

それは、

社員一人一人の(3分間スピーチ)

でした。

演台に立ち、社長・上司・仲間の社員達の

前でスピーチをする。

いざ、演台に立つと、

なかなか喋れるものではありません。

声は上ずる、途中で、時間です。とチン!

が鳴る。

3分間は長いようで、喋ると短いものです。

しかし、

テーマを決めると3分間で喋れます。

それが「起承転結」です。

それでも、やはり3分間スピーチは難しいです。

社長の狙いは、

「課題」を決め、課題をいかに「要点整理」

し得たかでした。

つまり、

社員に「問題意識」を常に持て。を期待しての

3分間スピーチですね。

笑いと拍手に包まれた3分間スピーチは

聞いていて楽しかったです。

採点にも参加しましたが、

私がつけた最高点者は、おしくも3位でした。

午後から、2時間、講師を勤めました。

講演の後は質問タイム。

先生 テーマと違いますが、

来年から始まる瑕疵担保履行法

についての質問でもいいですか?!

いいですよ。

ソーホーマンションは対象となりますか?

ふふふ~~

私が、「不動産業者」だから質問された

のでしょうね。

ソーホーマンションとは、SOHOのこと。

つまり、スモールオフス(小さな事務所)

&ホームオフス(店舗兼自宅)のことです。

ですから、「居住の用にする」となれば、

「住宅」となりますから、対象となります。

2008102614380001

次回へ

« ちょっと休憩 広島 | トップページ | 公と民 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3分間スピーチ:

« ちょっと休憩 広島 | トップページ | 公と民 »