« 高齢者居住法 高齢者住宅諸問題 | トップページ | 不動産業者と葬儀社 »

2008年9月25日 (木)

行政書士試験ラストスパート後記

何故、

57歳で行政書士を目指したのか?

そんな素朴な質問のメールを頂きました。

そこで、

行政書士試験ラストスパート

後記として書きます。

「シニア世代」の講演でも話しています。

私が、行政書士資格試験に挑んだ理由を。

二人の恩師と二人の女性の影響です。

一人の恩師は、末期ガンに侵され、

見舞いに行った時も、

机に向かって論文を書いておられた。

身体には管が通され、

秋久君こんな身体になっちゃったよ。

わっはっは~と笑いながら、好きな日本酒

をお猪口に注ぎ、呑みながら原稿を

書いておられた。

それから数ケ月後に他界された。

奥様から送られた書きかけの遺稿を読み

ながら、「私も何か・・」ともやもやと

したものが芽生え始めていた。

それは55歳の時でした。

今一人、

恩師は退官後も研究を続けられている。

恩師から頂く手紙には、

いつも、

「今、こんな課題の研究をしている。」

と書かれている。

それでも、

「私も・・・」と芽生えても、「何を」が

見つからない。

そんな時、

一人の女性がひょっこりと事務所に

現れた。

それは一年ぶりのこと。

そして、話を聞いて驚愕!

一年間、勉強し、

一発で社会労務管理士の

資格試験に合格。

女性の年齢は78歳。

おめでとう!

「私も何か」の芽生えが更に強まった瞬間でも

あった。

ある日、妻が一冊の本を読んでいた。

それは薄い本だった。

どんな本?と興味本位に表紙をみた。

「行政書士試験」の参考書だった。

ページを捲って、「私も何か」の「何か」が

はっきりと見えた瞬間だった。

私も、本気になって一年間だけ頑張ってみよう!

妻はそれっきり「行政書士試験」の参考書を

開かない。

一年間の短期決戦。

私は、学生時代の(宅建の勉強方法)で

挑む事を決意した。

勉強方法に、宅建も行政書士資格試験も

差異はない。

行政書士資格試験でも通用する。と

確信していた。

あとは、私自身の意思の継続である。

国家資格試験の挑戦に年齢など関係ない事

を78歳の女性が証明してくれた。

いわんや、私は57歳である。

女性は通信教育で勉強されたが、

私は独学の道を選んだ。

秋久流合格必勝法は、独学の方が

適しているからです。

ただし、

継続する意思と挫けない精神力

が絶対条件です。

独学は己との戦いでもあります。

しかし、

緊張の糸を張れば切れます。

糸を切らない方法が、

シックスワンの法則です。

そして、

Wの法則・ラインの法則・

ノーマーカーの原則の活用です。

発想の逆転が短期決戦型での

秋久流合格必勝法です。

このブログを読まれている皆様へ

国家資格試験に年齢は関係ありません。

挑戦する意思があれば挑めます。

現役の学部学生や学部出身者の専属的資格試験

でもありません。

国家資格試験は年々難易度が高くなっています。

しかし、

難易度が高くなっても、合格・不合格の

いずれしかありません。

行政書士資格試験でも、

平成17年度以前と平成18年度からでは

出題方法も制限時間も大幅な改正が

なされ、難易度も高くなった。

(だから諦める)のでなく、

(だから挑戦する)のです。

私は平成18年度に挑戦した。

商法の出題は旧商法か?新会社法か?

旧商法だ!いや!新会社法だ!と混乱していた。

2ケ月前に記述式が加わった事を知る。

情報不足が独学の限界でもある。

しかし、

私は大幅改正をチャンスと捉えた。

何故ならば、大幅改正であっても、

それは試験制度の問題である。

受験する側は右往左往する事もない。

要は、

合格ラインに達すれば合格する。

ならば、合格ラインに達するように

勉強すればいいだけ。

単純な帰結です。

100点満点を目指さなくていいのです。

繰り返しますが、

合格ラインのレベルに達すればいいのです。

それが(合格の二文字)なのです。

国家資格試験は合格の線引きが明確です。

合格ラインに達すればいいだけのことです。

一流大学出身者だから特典があるわけでは

ありません。

合格ラインは平等なのです。

スタートラインでの差はあっても、

合格ラインでの差はないのです。

要は、

走り始めてからゴールまでの期間を

いかに合格ラインまで

レベルアップさせるかです。

短期間での勉強法はあります。

秋久流合格必勝法は、

合格の「二文字」だけを目指した

一からスタートでの

短期決戦必勝法です。

現役の学生・専門学校生・通信生の

みなさんも併用されれば、レベルアップ

に繋がります。

独学のみなさんも、独学で戦えます。

何故なら、

秋久流合格必勝法は

独学に適した合格必勝法だからです。

これで、行政書士ラストスパートを

終了します。

最後に、

試験本番前日まで分単位・時間単位を惜しまず

勉強してください。

試験本番当日は、

数本の鉛筆と消しゴムと

受験票だけ持参してください。

試験開始30分前に会場に入ってください。

会場では、ギリギリまで勉強されている

方がほとんどです。

彼らを気にしないで、悠然と構えて

椅子に座ってください。

前日までに、

(やるだけの事はやった)

周りに惑わされ、「ブレ」を生じさせない

ことです。

そして、

合格の二文字を勝ち取ってください。

« 高齢者居住法 高齢者住宅諸問題 | トップページ | 不動産業者と葬儀社 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行政書士試験ラストスパート後記:

« 高齢者居住法 高齢者住宅諸問題 | トップページ | 不動産業者と葬儀社 »