« 「あんしん賃貸」と外国人 | トップページ | デジタル放送問題 »

2008年8月29日 (金)

賃貸と外国人4

賃貸において「外国人」が敬遠される理由として

主に次の5項目が原因と考えられる。

1.外国人が入居しているという理由から近隣住民から警戒され

  マンションの評判を落とす。

2.同国の仲間が集まり昼夜を問わず騒音を出す。

3.ゴミの分別が判らずゴミの出し方が悪い

4.文化等の違いや言葉が解らないため契約の約定が不徹底になりがち。

5.家賃滞納の不安

さて、この5項目を検討してみる。

1.3パターン(1正規入国・2不法残留・3不法在留)の内、

2・3パターンが主な原因であろう。1パターンでは

逆に評判が上げるはずである。

2.ゴミ分別は各自治体でも違いがあり、けして、外国人

だから悪いのではない。

3.主に2・3パターンの現象である。

4.外国人ばかりの理由でもない。

5.外国人ばかりの理由でもない。

上記、検証してみると、(外国人だから)の理由は

希薄である。

契約上のルールに関しては、外国人の方が、

「権利と義務」意識が強い。

ルールが徹底しないのは、ルール説明不足に過ぎない。

言語がわからない(言葉が通じない)のではない。

何故ならば、正規の入国者(在留資格・在留期限)は

招聘する側(受入機関)に日本人がいる。

つまり、契約は招聘(受入機関)との契約であり、日本語

の書面を日本語で日本人に説明する。

招聘(受入機関)が、説明を受けたルールを外国人へ説明する。

日本人同士での説明が曖昧ならば、外国人へ正確にルール説明が

なされない。故にトラブルのである。

上記、2・3パターンでの入居申し込みでは、招聘(受入機関)

が存在しない。

日本人対外国人となり言葉が通じない。

ここがトラブルへの落とし穴となっている。

不法残留・不法在留は違法である。

違法である事を外国人自身は承知している。

入管に摘発されれば、強制退去・出国命令となる。

この2・3パターンが見抜ければ、トラブル回避に

もつながる。

但し、上記1-5の全てが回避されるわけではない。

日本人でも1-5の全てが当てはまるケースもある。

見抜く事が出来れば、(外国人)の入居で、むしろ、

マンションのグレードも上がるはず。

次回へ

明日は、行政書士会の業務研修へ行きます。

20時間研修の第1回目。1回5時間の研修です。

写真は、鳥取県境港市の、水木記念会館。

水木先生とネズミ男の人形が出迎えてくれる。

2008081313180000

« 「あんしん賃貸」と外国人 | トップページ | デジタル放送問題 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 賃貸と外国人4:

« 「あんしん賃貸」と外国人 | トップページ | デジタル放送問題 »